ブログトップ

R.Shingen's Blog

「ネトウヨ大憤死の巻」を『読んで』

c0025498_1354881.jpg


#お題とは関係なく、秋田県湯沢の小安峡谷、のはず。Nikon D50+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)で撮影。

J-CASTで紹介されていたので、タイトルの文章を読む。
これはこのブクマを作った人の解説、というか合いの手がうまい、と思う。
トラックバックも極端に口汚いものはほとんどないし。

ただ、この「書かれている少年」にはゆるゆるに見えるかもしれんが、、
この内容を見て、私は、タイトルどおり、自民党なり民主党に、その支持者なり反対者なりに
正邪の判断を下すのではなく、「読み物」としてみてしまうのですよ。
少なくとも私は。
日々の生活に終われる勤め人の何人かは、同じじゃないかと思うけど、どうなんでしょ。

たいした人生経験はありませんが、長年の思考の結果、
「このXXは正」「この■■は悪」の二択『だけ』ではなく、
「この場で適切である」「この場では適切ではない」の思考や判断をする癖みたいなものを
つけてしまっているので・・・
正直、
『二択バカは世界を滅ぼす』
『せっぱつまって、滅びるか・滅びないかの二択思考に陥ったらお終い』
を座右の銘にしてもいいくらいだと思っている。

ナチス勃興時を書いている歴史書などを読むと、ホント、そう思う。
当時のドイツ人が
「ナチスか共産主義か」「このままではドイツは滅びる」と切羽詰った感を
もって、ナチスに投票してしまったことが、、
ドイツの歴史を不幸にしてしまったのではないか、と強く感じるからだ。

#不愉快と感じるコメント・トラックバックがきたら遠慮なく削除しますので、あしからず。
まー自分のブログなんで、そういう権利行使をわざわざ明言する必要があるか、という疑問はありますが。
[PR]
by rshingen | 2009-09-02 02:00 | その他全般

ラッタッタ信玄のなんちゃってBlog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30