ブログトップ

R.Shingen's Blog

Windows7 Home Premium アップグレード ファミリーパックでは32bitから64bitへのアップグレードは不可

c0025498_1423392.jpg


#北海道・余市のニッカの余市蒸留所にて。Canon S1 ISで撮影。

業界人(?)の割にはWindows7へのアップグレードにあまり熱意がなかった私。いずれするにしても、今は予算面で厳しく、次月以降に回そうとしたのだ。
しかし各種優待版が売れていて、一番お得なー Home Premium3ライセンスで24000円前後のファミリーパックーが品切れ続出と聞いて、急に抑えとかならん、と言う気分になってしまった。
既に少数のマイナー通販店しかなくなり、取引きが不安だから諦めようか、と思っていたら、昔からあるNTT-Xがたまたま出してきたのに当たり、22600円で購入・・・までは良かったのだが・・・

アップグレードを適用するには、
・上書きインストール(今までの環境をある程度引き継いでインストール)
・カスタム(新規)インストール
の二方法があり、
・自作PC暦が長く「PCは変に上書きするより、きれいさっぱりと新規環境でアップグレードすべし」思想?に染まっている、
かつ、
・ここらへんで4ギガバイトの実装メモリを目いっぱい使いたいから
ということで、地デジパソコンにしていたVista Home Premium 32ビット版に、64ビット版をカスタムインストールしようと進めたら、プロダクトキー入力画面でエラーが出る。

あれ、あれれ、と思って、ふとパッケージを見てみると、
Windows7パッケージは、Windows Vistaからのみアップグレード(上書きインストール)できます。
え、これって、「上書きインストールじゃないとだめ」?てことか。
そうすると、既存の32ビット版から64ビット版への「ビットを変えてアップグレードは効かん、ということか?
#Xpから7へのアップグレードは、逆に、カスタムインストールのみしかできないので、「ビットを変えてアップグレード」ができる可能性あり。確認はできていないが。

ガーン!!!

32ビット版がより、既存ソフトとの互換性が保たれているとは思うものの、今後を考えると、64ビット版を主流にしたいところなのだが・・・う~ん、参った、参った。
32ビット番がインストールできているから、完全にがっくし状態ではないが、少々とほほ度あり、というところである。
[PR]
by rshingen | 2009-11-02 01:58 | コンピュータ

ラッタッタ信玄のなんちゃってBlog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31