久しぶりのブログ更新は三浦半島のスイカの話

c0025498_23165100.jpg



c0025498_23163842.jpg


#写真は大浦海水浴場。CASIO EXILIM EX-FC100で撮影

夏風邪ひいたり、試験受けたり、腰痛めたり、随分、前回の更新から間が空いてしまった・・・

今回は、神奈川の大浦海水浴場に行った話。

友人が「真夏に海岸で体を焼く」という、「なぜ好き好んでシミとかできやすくする?」の
趣味の人なのだが、焼くことでAV男優、もとい「健康的イメージ」を出すのは吝かでないので、
私も一緒に行った。

ここは昨年も行ったところで、
焼いた後、畑のわきのスイカ売りから「でっかく、よく熟れた(熟れる前に出荷されるスーパーの品とは違う)、
そして安い」スイカを買って帰るのだ。
自宅用ということで、直径40センチ以上もあるでかいスイカを、二人で一つ、
一人当たりにしてみたら1000円くらいで買っていたのだが、
今年はなんと、
海に行く時はたくさんあったのが、帰りはほとんどなくなっており
「お客様に出すレベル物」が少し残っていただけだった。
お値段は約3000円。
3000円にしたって、充分安いとは思うが・・・しかしこんなに売れたんか!
実は結構有名な小売場なのだろうか。
店のおばちゃん曰く、「スイカも予約制なのよ。みんな海に行く前に予約していく」
友人いわく「こんなところにも予約制度が来ているのか。世知辛い世の中だなぁ」
[PR]
by rshingen | 2011-07-21 23:23 | その他全般
<< 名栗湖 FBIからメールだってさ! >>