ソニックウォール

*istDs F6.3 1/13sec ISO800 EV-0.7
DA 18-55mm(35mm銀塩換算mm67mm)
c0025498_0282560.jpg


自宅サーバの構築を着々・・・とかな。
Yahoo!オークションを有効活用して?進めている。
今まで新品で玄箱(玄人志向、メールサーバやデータベース、内向きDNSサーバなど)、オークションでBuffalo BLR3-TX4L(ブロードバンドルータ、今回はローカルルータとして使用予定)、ThinkPad 390x(こちらはWebサーバとして使用予定)と買ってきたが、SONICWALLのTELE3という製品をオークションで落札した。
確か2002年に発売されたもので、今でも、かどうか知らないが、正規に購入すれば結構な値段がするもの(通常はSIerからサポート含みで購入するので、当然といえば当然)だが、オークションのため、7350円で手に入れることができた(その他600円を郵送費で使用)・・・もっともソニックウォール日本法人もこの製品のサポートを終了しているからこそ、この価格なのだと思うが。
セキュリティアプライアンスというジャンルのもので、ファイアウォールと表現するのが一番か?現在の家庭用ブロードバンドルータでも、機能的には、このTELE3と遜色ないものが出ているので、購入した甲斐があったかどうか、若干疑問に思うところもあるが、たぶん放熱とかが優れているのではないかと思う。UPnPについてまったく書かれていない(2002年と言う、時期的に微妙な時期の製品でもあるし。)とか、静的ルーティングしかできないとか、あるいはDMZをパブリックLANと表現しているようだ(ここの部分はよく説明書を読んでいないので微妙)、とプロ用(正確にはSOHO/小企業用)製品はいろいろと家庭向きと違うところがあり、興味深い。

企業用としては、今はNetscreen(Juniper)が売れていると聞いたこともあり(知り合いのSE談)、オークションに出ていたNetscreen(Juniper)も狙ったのだが、そちらは日本語説明書がないとのことで入札しなかった。今現在、シマンテックのSymantec Gateway Security 320が未開封新品、15000円で出品されているが、どうなんだろう。単なる性能としてはNetscrenn(Juniper)の方が上で、アンチウィルスという観点からはシマンテックのほうが上だろうな、きっと。

でもとあるWebでも書かれているとおり、設定画面も日本語化されており、 設定はやりやすい。この点は非常に助かる。
[PR]
by rshingen | 2006-02-27 00:54 | コンピュータ
<< ソニックウォールで苦戦 東京にも雪が降る >>