QUICKPAY、VISA TOUCH・・・電子マネー

c0025498_23484759.jpg


#北海道開拓の村にて。女子中学生の修学旅行と思しき一団が来ていた。Canon S1 ISで撮影。

先日、セブンイレブンに行ったら、QUICKPAYが使えるようになっていた。
QUICKPAYとは、「おさいふケータイ」上で使える、電子マネーであり、JCBが推進しているサービス、といえようか。

このこと、結構興味深いのである。
というのは、コンビニエンスストアは、意外とクレジットカードが「使えない」ところであり、昔から使えたのはミニストップローソンぐらいであった。
ファミリーマートは自社のクレジットカードしか使えず、セブンイレブンは、クレジットカードそのものが使えなかった。
もっとも、消費者から見てクレジットカードが使える、とは、売り手からすると「クレジットカード会社に手数料を払わなければならない」ということであり、セブンイレブンで使えなくしていることは、セブンイレブン自体の「体力維持」のための必要悪と思っていた。
もちろん、クレジットカードが使えないということで、セブンイレブンを利用しない客もいるだろうけど、

「使えないことで来なくなる客」と「クレジットカード会社へ納める手数料」

を比較した結果、使えなくしても利益はでる、と踏んだのだろう。
個人的にはちょっと残念な気がするが、下手に手数料分が商品価格に転嫁されるよりはマシとは思っていた。
セブンイレブン、結構「半額サービス」とかしてるし。

ところが、そこにQUICKPAYの利用開始である。
今まで電子マネーは自社のnanacoだけだったのに、利益を維持できるんかいな?

ただ、携帯電話の利用率、を考えると、クレジットカードそのものはパスしても、電子マネーについては利用拡大を図った方が、結局は店の利益になる、と判断できる数値分析が出たのだろう。
クレジットカードの場合、不正使用の問題があるが、電子マネーになれば、若干は減るだろうし。
そして、QUICKPAYについては、たぶん、JCB側も低めの「加盟店手数料」を設定しているのかもしれない。全くの、素人推測だが。
電子マネーは、元祖のedyが圧倒的に強く、他の電子マネーは普及がいまいちだから。
そして今まで、OMCカードとJCBくらいだと思っていたQUICKPAYだが、結構な数のクレジットカード会社で発行してくれることもわかった。
自分がメインで使っているカード会社も発行しているので、自分も申し込み・設定してみよう。

もうひとつ、はじめてVISA TOUCHを使うケースがでた。
場所はサークルK。VISA TOUCHは三菱UFJニコスが進めている電子マネーである。
こちらも結構マイナー度が高いので、半年以上使うケースがなく、ようやく使えるようになった次第である。
しかし、事前に入金の必要があるedyと異なり、事後払い(クレジットカードと同じ)のVISA TOUCHはさすがに便利だ。
自分は、携帯にFelicaロックをかけているので、そのロックをはずした上で、「今、いくら入金しているか」を事前確認しないといけないので。(無駄遣いの元ともいう。)
[PR]
by rshingen | 2008-06-08 00:18 | その他全般
<< 鶏肉のバスク風 意外なところに・・・ >>