「ほっ」と。キャンペーン

W62S購入

c0025498_0543239.jpg


#左から海外専用(第2世代のみ)のパナソニック携帯、今回購入のソニー・エリクソンW62S、昨日まで使用の日立W32H。D50で撮影。

携帯を2年8ヶ月ぶりに買い換えた。
キャリアは今までと同じau、機種はGSM(海外第2世代通信規格)機能内蔵のソニー・エリクソンW62Sである。
GSM機能は、元々がボーダフォンのソフトバンクモバイルや、一時期苦境に陥ったNTTドコモの機種には、昔から内蔵されているが、あまり海外展開に積極的でない?auでは初めて、かつ、現時点で唯一の機種である。

※もっとも、auはハワイと韓国で使える(規格はGSMではない)機種は昔から出していて、力を入れるとすればそちらかもしれない。

で、W62Sだが、ソニエリ(=ソニー・エリクソンの略)ファンや、デザインに引かれて-つまり、GSM機能とは関係なしに-購入する人がいると思えば、今年4月の発売以来、

 着信しない、メールが遅延する

と価格.comで弾劾される騒ぎになった。
5月はじめのファームウェア・バージョンアップで一息ついたものの、この手の情報収集に熱心な人たちは、購入に躊躇したと思う。

こちらとしても「価格が下がればね・・・」と思っていた、が。
近くのauショップで、たぶん、iPhone発売前に客寄せをしたかったのだろうけど、
 一部機種は機種変更でも0円
の表示とイベントをしていたので、つい、ふらふらと店に入ってしまった。
で、店側からすれば
 全くのカモ状態
W62Sは0円ではなく、他の量販店と殆ど同じ12600円だったが、四つのサービス(誰でも割、GPS、あんしんサポート、パケット定額)に入れば、1000円引きということで、結局、
 待ち続けるのも、悩むのも面倒くさいや!
と、結局昼休みに購入してしまった・・・。

※実際には、新800MHz帯の基地局が設置し始められており、副都心線の一部では新800MHz帯受信可能機種しか通信できないとのことなので、今、新機種を買うのは必ずしも間違っている行為ではない。

auポイントが6700円分あったので、実質、充電器を同時購入で5500円くらいしか払わなかったが。

で、感想だが、まだまだろくに使っていないので、たいしたことは書けないが、
 指の油分が携帯のガワにつくと、ちと目立つなあ
これには少々閉口もんである。
[PR]
by rshingen | 2008-07-11 01:44 | その他全般
<< FirefoxとGoogle ... ビーフストロガノフと、ビートと... >>