「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

田中森一「反転 闇社会の守護神と呼ばれて」ー「噂の真相」ありせば

c0025498_18422239.jpg


#D50+SB-800で撮影

夏に買っている本で、何回か読み直しているが・・・
こう、と言った感想を書くのが難しい。

幻冬舎は何回も新聞広告を打っているし、24万部も売れて、Amazonの書評は58個も書かれている本である。

著者の田中森一は長崎・平戸の貧しい漁師の家に生まれ、苦学のすえ岡山大学に入学、学生運動に揺れる世相の中、司法試験に一発で合格、検事に任官する。各地を赴任し、大阪地検で特捜部に配属・その後の東京地検特捜部へ異動の中、数々の事件をモノにし、辣腕検事と評される。しかし政治がらみの事件での上層部の捜査方針に反発、かつ母が倒れたことにより、検事を退官・弁護士に転進する。弁護士に転身後は暴力団やあやしいバブル紳士達の弁護を行い、古巣の特捜部ににらまれたあげく、石橋産業手形詐欺事件で逮捕され、現在、最高裁に上告中である。

前半は苦学したうえで検事になり、退官するまでの活躍が描かれ、
後半はバブル時代を背景に、「ヤメ検弁護士」として、暴力団やバブル紳士の弁護や知恵袋として活躍後、逮捕されてどん底に落ちる姿が描かれている。

編集者はアウトローの生き方にあこがれる人が多いのだろうとの感想だが、個人的にはその割り切り、というか解釈も、今ひとつピンと来ないような気がする。

いわゆる暴露モノとしての本でもあり、前半は一種のサクセスストーリーでもあり、検事時代は組織の中での個人の葛藤モノでもあり、後半はバブルの時代に週刊誌を賑わせた人たちの素顔を書いている、とも言える。

が、特定のテーマがあるわけでもない。
本の構成も、それほど出来が良いと言うわけでもない。
特に、石橋産業手形詐欺事件については、現在公判中ということもあるが、わかりやすいとは言えない。
もともと、身近な人に自分をわかってほしい、と思って書いた、とのこともあるが、
あえて言うなら、帯にあるように、

「この国は、エスタブリッシュメントとアウトローの双方が見えない部分で絡み合い、動いている」

ということだろうか。その概観、というか諦観に至るまでの道筋が、本書と言う感じもする。
その動きの一端に触れながらも、結局、それらが良くわかったようで、わかっていなかったという苦い思いを吐き出しているとも言えるし。

悪書ではない。いい本だと思う。

しかし、できれば、この本について「突っ込んだ」記事を雑誌に載せてくれればなぁ、と思う。
週刊文春は2ページを使って批判を行い、文藝春秋は2号にわたり、立花隆との対談を載せたが、それだけでは・・・。
立花隆は、他の「ヤメ検」弁護士が逮捕されているケースを取り上げ、

検察は、検察の信用を失墜させる「ヤメ検」を憎み、だからこそ逮捕したのでは、

という話をしていたから不満足でないけど。

ここは、「噂の真相」並みの検証記事があってほしいと思う。
なぜなら、田中森一その人は、「噂の真相」上で、数度にわたって取り上げられた人だから、検証記事を書いて「記事になってくれた人へのお礼」をすべきでは?

でも残念ながら、もはや「噂の真相」はない。
残念である。

最後に、
本書でたびたび書かれている中曽根康弘・元総理に、インタビューするジャーナリストはいないのか?
この本に書かれたアナタの圧力は本当なのか、と。
[PR]
by rshingen | 2007-11-25 19:00 | その他全般

手羽中の甘酢炒め

c0025498_030424.jpg


#D50+SB-800で撮影

手羽中の甘酢炒めを作った。
スーパーで食品選びをしていて、たまたま、手羽中が目に付いた、という感じで、帰宅してインターネットで調べるまで、どんな料理にしようか決めてなかった。

たまたま、ここが一番簡単そうなので、参考にして調理。

手羽中って、スーパーで見るまでまったく知らなかったけど、Wikipediaで見ると、手羽先の先のとがった部分を関節より除去したものとのこと。初めて知りました。

スーパー見るだけでも、勉強になるものだ。

ちなみに、調理は火の加減が良くわからず、とりあえず上面10分、裏10分で焼いた。
前述のWikipediaによれば、どんな新鮮な鶏肉でも生だと食中毒街道まっしぐら、ということなので少々心配だが、かじると肉は白くなっていたので、大丈夫だろう・・・と信じたい。(苦笑)
[PR]
by rshingen | 2007-11-22 00:38 | その他全般

すきやき じゃなくて しゃぶしゃぶ だね

c0025498_22372277.jpg


#D50で撮影

数日前、「すきやき」で投稿した記事だけど、よくみると「しゃぶしゃぶ」ですね。

実際に食してからかなり経って載せたので、すっかり間違えていた。

同時期に、「すきやき」もつくっていたし。

しかし、すでにBlogPeopleやGoogleに載ってしまっていて、書き換えるのもナンなので、
ここで訂正しておきましょう。

写真は、今年10月初旬、アメリカ合衆国のスペリオル湖畔で撮影した紅葉。
[PR]
by rshingen | 2007-11-18 22:44 | その他全般

スペアリブ

c0025498_2218321.jpg


#D50+SB-800で撮影

スペアリブを作ってみた。
いつもはネットでレシピを検索するのだが、今回は一緒に買ったスペアリブソース(10日以上前なので、メーカーも忘れてしまったが・・・)に書かれている作り方で作成。

「漬け込み」が必要なので、平日夜、会社から帰宅後にやるのは無理。
写真の日付を見ると11/3だ。

味は可もなく不可もなく、というか、スペアリブソース(と水)が煮詰まらず、それほど、肉に、ソースの味が絡んでいないような気がするから、失敗かなー。

エリンギを一緒に煮込んでいるのだが、これが水分を増やしてしまったのかも知れぬ。
[PR]
by rshingen | 2007-11-18 22:25 | その他全般

和風ロール白菜

c0025498_0401812.jpg


#D50+SB-800で撮影

和風ロール白菜なるものを作った。
ネタ元はここ

鍋物ときたら白菜!

ということで、前回の鍋などで、白菜を買ったのだが(98円で購入。安かった!)
いかんせん、二回程度の鍋では使いきれず、余ってしまうので、他のレシピを探してみた。
漬物という手もあるのだが、サラリーマンのなんちゃって自炊では手に余るし・・・余りまくり状態にブーストがかかってしまうので、それ以外で探すと、ロールキャベツならず、ロール白菜を発見!
ロールキャベツは一回は作ってみたいので、その予習?代わりにチャレンジすることに。

和風なだけに

みりん・醤油・酒の和食味つけ三大王

は当然使っているのだが、汁のところで、

固形ブイヨン

を使うのが面白い。(私はマギーブイヨンを使用)

どのように、下味として機能したのだろうが・・・
和風で使うのもちょっと想像つかないけど、それをいうなら白菜だってもともと中国で改良された(前述のwikipediaリンクを参照されたし)んだけどね。

味はというと、あっさりしているものの、おいしかったので、次回以降も、白菜があったら、作ってみようと思う。

相変わらず見栄えは・・・だけどね。ここがプロやハイ・アマチュアとの違いなんだろうな~(味も、って?(笑))
[PR]
by rshingen | 2007-11-16 00:53 | その他全般

すきやき

c0025498_0425538.jpg



c0025498_043348.jpg


#いずれもD50+SB-800で撮影

すき焼きを作った。
前回作ったあんこう鍋で残った汁を冷蔵庫に入れておき、割り下として使用。
(前回の投稿から1週間近くたっているけど、作ったのはあんこう鍋の翌日)
冷蔵庫に入れといたら、みごとにゼラチン状になっていたが、そこは、事前に汁だけ煮て液体に戻す。

肉は、写真どおり、「北海道かみふらの和牛モモしゃぶしゃぶ用」を使用。
(店名は隠してあります。)

もちろん、普段こんな高~い肉を食うわけもなく

半額だから

につられて買ってしまった(笑)

すき焼きは関西風(具を焼く)と、関東風(具を煮る)があるのだが、
ここは関東風に調理してみた。

・・・う~ん、さすがに霜降りバリバリのかみふらの和牛、うまい!

汁は微妙ななのはさておき、もっと砂糖を入れるべきだったけどね。
食べるのに一生懸命で、鍋奉行ならぬすきやき奉行はちと活動不全状態。
[PR]
by rshingen | 2007-11-15 00:52 | その他全般

あんこう鍋

c0025498_11986.jpg


#Nikon D50+SB-800で撮影

あんこう鍋を作った。
もともとは、普通の海鮮鍋をつくるつもりだったが、いざスーパーへ行くと意外と安くなく、一方、あんこう鍋セットが880円、かつ半額だったので思わず購入。

 買うまでは、せっかく初めてのあんこう鍋自炊だから、半額じゃないやつ、つまり新鮮なものがいいのではと若干悩んだが・・・

 でも半額には勝てましぇん(笑)
 思い切り主婦感覚の私。

あんこう鍋は、切り身とか、尾とか、とにかく切ってあるあんこうと、希釈前提の鍋汁のもと、もみじおろしが同封されている。

それゆえ、特に出汁とかはいらないと思ったのだが、一応、朝、出掛けにつけている出汁を入れて作った。
一応、ここも参考にしている。

肝の処理はうまくいかなかったけど・・・

生姜を使ったり、湯がけしたりと、あんこうも「臭い」が気になる魚らしい。

で、お味のほうなのだが・・・
あっさりした素材に「もみじおろし」で味付けしている、って感じだなぁ。

たぶん過去にも食べたことがあるはずだが(自炊では初めて)、まったく記憶にないところを見ると、たぶん私がそんなにおいしいと思わない具なのかも。
まずくはないけど・・・という、いまいちな結末でした。
[PR]
by rshingen | 2007-11-09 01:14 | その他全般