<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

風邪ひきました

c0025498_1947075.jpg


#今回はいずれもEOS 40Dで撮影、上の写真はライブビュー・マニュアルフォーカスで撮影。

風邪ひいてしまいました。
大事をとって今日はお休み。
仕事があるのになぁ。

c0025498_19482388.jpg


こちらの写真は、以前撮影したガーデンエアタワー内のクリスマス?用装飾。
[PR]
by rshingen | 2007-12-26 19:51 | その他全般

レンズのAF機能壊れたか

c0025498_23442697.jpg


#写真は、ミシガン州アッパー半島の紅葉。D50で撮影。

どうやらレンズのAF(オートフォーカス)機能が壊れたらしい。
自分でフォーカスリングを回してピントを合わせる、つまりマニュアルフォーカスはできるのだが。

レンズは、AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)である。

手持ちのAF-S DX Zoom Nikkor ED18-55mm F3.5-5.6Gでは問題なくAFできるので、やはり、ボディ側でなく、レンズ側の故障と思われる。

さすがに、修理に出さんといかん。
このレンズは、もともと、18-24mmの間で、合焦しないことがある、という問題があった。
ズーミングして焦点を、より望遠側にすると合うから、問題だと思う。
そのことがあるから、いずれメーカー側にチェックしてもらおうとは、思っていたけど。

購入して1年たっていないから、無償修理だとは思うけど、実際はどうであろう?
[PR]
by rshingen | 2007-12-23 23:59 | デジタルカメラ

珍しくサイト紹介 その2、「アメリカン・サイコ」についての考察

c0025498_1111668.jpg


#EOS 40Dで撮影。東京ビッグサイトにて。

前回に続いて、サイト紹介。

xylocopal's Weblog
http://xylocopal.exblog.jp/

xylocopal's Photolog
http://xylocopal2.exblog.jp/

名古屋にお住まいの、xylocopalさんのサイト。
カメラや撮影そのものから、猫の話、躁うつ病の話など、ジャンルが多岐にわたり、かつ興味深く書かれているサイト

饒舌、ととられる向きもあるだろうが、じっくり腰を落ち着けて読めば勉強になることばかりである。

また、ご本人が猫好きということもあり、猫の話題も多いが、長年xylocopalさんの家にいた猫の話を書いた

黒猫物語-18年間ともに過ごした猫-Part.1
http://xylocopal.exblog.jp/657270/

サバトラシロ物語-鎮魂カムニャくん-Part.1
http://xylocopal.exblog.jp/i12/

は、ペットを飼い、その死に向き合ったことのある人なら、涙なくして読めないのではないだろうか。もう一匹の猫、マオの話も読んで見たいと思う。

必見のサイトである。

************


以下、少々理屈っぽい話。

スカパーで、「アメリカン・サイコ」を放送していた。

あらすじはリンク先を読んでもらいたいが、可愛い彼女、魅力的な秘書を持ち、ブランドで身を固め、トレンドの追求に余念がない、成功したエリート証券マンが、それでも心満たされず、猟奇的殺人に走る映画である。

町山智浩によれば、「バブルな80年代の非人間性を描こうとした」(「底抜け合衆国-アメリカがもっともバカだった4年間」洋泉社 ISBN4-89691-843-6)
とある。
その通りかもしれない。
日本では80年代は無の時代のように書かれたりするが、アメリカもそうかもしれない。

でも、なぜ、心満たされず、猟奇殺人という行為に走るのだろうか。

「アメリカン・サイコ」に限れば、ブランドの愛用にしろ、トレンドの追求にしろ、自分が作り出したものではない。他人の作ったもの、他人が仕掛けているものに『乗り』、クールな自分、かっこいい自分、イケてる自分を演出しているだけである。

「自分を演出すること」も「自分が作り出すこと・モノ」と等価かもしれないが・・・。

演出した自分を、褒められ、認められ、惚れられることが、満足につながるのだろう。
が、そのうち、「そんな自己」に嫌気がさしてきたのではないか。
あるいは飽きてきたとも。

その感情から、自分の存在や、行為そのもののに正当性や意味を見出せなくなってしまう。
にもかかわらず、周囲の評価は「以前の自分」に対するものだ。
「以前の自分」は喜んでいたが、今はその評価、あるいは自分自身にうんざりしている・・・

結果として、虚無感に陥り、新たなる刺激や、「生きている実感」を得るため、猟奇的殺人という、極端な行動に走ったのではなかろうか。

映画には、はっきりそうとは描かれていないけど、そんな解釈をしてしまうのだ。

xylocopalさんの、猫を飼う行為は、小市民的ではあっても、猫の一つ一つの行動や状態に一喜一憂して、かつ、人や猫を含めた、生き物が生きていくことの意味を見出せる。
「アメリカン・サイコ」の主人公の様に、虚無感を感じずに、あるいは、猟奇的殺人に走ることは決してない。

xylocopalさんのサイト紹介から、まったく関係ないと思われる「アメリカン・サイコ」の考察につづくのは、こんな感想をもったからだが、飛躍しすぎかなー?
[PR]
by rshingen | 2007-12-21 01:26 | その他全般

珍しくサイト紹介

c0025498_23121674.jpg


#画像は本文と関係ない、袋田の滝。D50で撮影。

泣きたくなるような、心洗われるような、えもいわれぬ気持ちになるサイト。

 コーギーと風に乗って

トラックバック・ピープル
Nikon D50の箇所で発見しました。
[PR]
by rshingen | 2007-12-13 23:19 | その他全般

イルミネーションの季節になりました

c0025498_035399.jpg



c0025498_0351686.jpg



c0025498_0353499.jpg


#F31fdで撮影。

12月になる前から、イルミネーションが町のあちこちで見られる。
個人宅では1年中イルミネーションしているところもあるけど。

アイガーデンでのイルミネーションを撮ってみた。

ISO1600で撮影しているので元サイズだと結構なノイズだが、縮小してみるとそれほど目立たないと思う。

サラリーマンの一人として、帰路にきらびやかな景色があれば、ほんの少しだが、冬の寂寥感から解放されるのだ。

慣れてしまえばそんなことないよ、といわれるかもしれないけどね。

イルミネーションといえば、近年有名なのは神戸ルミナリエ東京ミレナリオだ。
東京ミレナリオは、今年、東京駅丸の内口の復元工事のため開かれないとのこと。
一度だけ行ったことがあるが、激混みだったのを覚えている。

神戸ルミナリエへ行ったことはないが、一度は行ってみたいね。
クリスマス商戦の他店舗から客を奪わないように、クリスマス前に開催されるとのこと。
つまり、そこも激混みなんだろうなぁ~。写真ゆっくり撮っている暇ないくらいに(思い込み溜息)
[PR]
by rshingen | 2007-12-12 00:55 | その他全般

EOS 40Dとりあえずの雑感

c0025498_0325813.jpg


Av(絞り優先AE)の時、フラッシュを使うと、自動スローシンクロ撮影となる。
つまり、内蔵ストロボをポップアップしても、それまでのシャッタースピードが劇的に変化しない。

通常のフラッシュ撮影だと、シャッタースピードが上がり、メインの被写体が明るくなる代わりに、背景が暗くなる可能性がある。
スローシンクロ撮影だと、背景を生かすために、シャッターピードがそれほど変わらない。

これ、最初はかなり戸惑った。
説明書を見る前に、検索で探してしまったくらい。
価格ドットコムに載っていたが。

今まで経験したペンタックス・ニコン機一眼デジの場合、同じシチュエーションで、シャッタースピードが自動的に1/60secに固定されたから。

一応、使用者のカスタム設定として、1/250secに固定することもできるけれど。

もしシャッタースピードが不満なら、M(マニュアルAE)にしなければならない。
あるいは、プログラムAEだと、1/60sec~1/250sec間で自動的に設定されるから、今までのペンタックス・ニコン機に近くなる。

EOS Kiss Digitalも同じようなので、キヤノンと他社の考え方の違いなのかな。

後、アクセサリ・シュー(カメラ上部にある、外部ストロボを挿すところ)のカバーがついていない。
これもEOSシリーズの伝統らしい。
下手にカバーを付けると、外部ストロボが装着されたと誤認するとのこと。

ココを見ると、アクセサリ・シューに保護する何かが必要なのでは、とは思うが・・・
とここまで書いて、ここを見たら、さすがに40Dから改善されたのね。
でも埃やゴミが積もりやすいのはどうかと思うが。
[PR]
by rshingen | 2007-12-10 01:04 | デジタルカメラ

レンズその他探し -物欲に負けた日(3)-

c0025498_16493398.jpg


で、キヤノン一眼デジ用のレンズ(EF、EF-Sレンズおよびその互換品)だが、キヤノン用レンズは同社一眼デジを一度も手にした事がなく、所有していない。

※一眼レフの世界を知らない人には仰天情報かもしれませんが、一眼レフ各社(オリンパス、キヤノン、ニコン、ペンタックス、パナソニック、シグマ、ソニー)は、自社のボディ専用の「レンズ規格」を作っているので、お互い他社規格のレンズをつけることはできません。
正確に言えば、オリンパスとパナソニックは「フォーサーズ」というメーカー横断的な規格ですが。

なので、レンズキットを買わなかった今、新たにレンズを入手しないと、初期不良の存在有無すら確認できなくなる。

レースや鳥といった「望遠モノ」に使いたいという気持ちがあるので、本命は望遠レンズだ。
が、とてもそこまで予算がないので、安価なレンズ狙いにする。
実売価格1万円以下の
EF50mm 1.8II
を狙ったが、これもなし。
レンズキットの
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS
を単品で狙う手もあったが、これも在庫なしの取り寄せ。
しょうがなく中古レンズ狙いに切り替え、中古店を歩く。

シグマの格安名レンズ
55-200mm F4-5.6 DC
あたりも考えた。
これも中古なら、1万円前後である。
でも店にあるのは保障なし現状渡しのものくらいで、若干不安感アリ。
他、色合いが純正と違うから、等の迷い要因があって手を出しかねていたら・・・
キタムラ
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 II USM
を12800円で発見。
新品実売価格がその倍くらいなので、かならずしもお買い得ではないと思う。
が、年末のせいなのか、中古レンズ在庫がどこの店も少なかったので、ボーナス特需で売り切れを怖れ、その場で購入した。

メモリカードも新規入手しなければならなった。
ここ数年、コンパクトフラッシュを手にすることがなかったし。
結局、あきばお~で、Silicon Power製品を買うことにした。
当初、8ギガモデルを買うつもりだったが、在庫なし。
店頭表示にはなかったが、4ギガモデルが4280円であるとのこと。
他社、他販売店に比べれば同容量で半分の価格だったので、それを購入。

また、格安レンズゆえフードEW-60Cも1428円で購入。
カメラケースも2200円で購入したし、結局、本体以外に20000円ちょっとはかかったわけだ。

こうやって書きおこすと、自分自身の物欲抑制能力のなさに・・・という気持ちに・・・。
でもいいか。買っちゃった以上は

”でもそんなの関係ねぇー”
(オイ)
[PR]
by rshingen | 2007-12-09 17:05 | デジタルカメラ

私がEOS40Dを買った理由 -物欲に負けた日(2)-

c0025498_23372076.jpg



c0025498_23373688.jpg


ピクチャースタイルでの違い:上が標準のスタンダード、下はユーザー設定で色の濃さを+3にしたもの。

c0025498_2342349.jpg



c0025498_2343157.jpg


上はDigital Photo Professional(RAW画像をJPEGに変換(=現像)するキヤノンのソフト) でピクチャースタイルを風景にして現像したもの。下はそれに加え、輝度軽減ノイズリダクション:弱 色ノイズ軽減ノイズリダクション:弱 をかけたもの。画面右上の葉の部分がツルッとした状態になっているのがわかると思う。

キヤノン一眼デジユーザが集まるサイトのひとつに、
EOS Digitalへの道
というサイトがある。
以前から、現行キヤノンユーザでもないくせに、ちょくちょく見ていたが、
ある日見たら、

amazonでEOS 40Dが11万2000円に

との語句が・・・。

ちょっと興味を持って調べると、6.5コマ/秒の連写機能。
それで11万円強とは・・・
量販店でも、ポイントを考慮すれば、上記より若干高いだけ。
ニコンがD3D300と、この下半期話題を飛ばしただけに、キヤノンも巻き返しとばかり、価格を下げてきたんだろうけど、文句なしにコストパフォーマンスが高い。

年を越えたらあがるだろうし。下手したら、次期モデルが出るまで、一番安いかもしれん。

と思ったら、俄然ほしくなってしまった。

このブログには載せていないが、9月末、富士スピードウェイにF1日本グランプリを見に行った時、やはり、連写機能がより高いデジ一眼がいいなぁと思ったことも、購入を後押しする潜在的理由になったとは思う。

現行のニコンユーザでもあるから、本来ならD300に触手が伸びるんだろうけど、如何せん、

実売価格でも20万円

には手が出ない・・・

で買ってしまった。

『EOS Digitalへの道』も、罪作りな!

購入決断前に調べてみると、EOS 40Dは連写後、ボディが不快な振動を起こすという「振動問題」が出ていた。
で、多くの人が修理に出していたので、念のため、お店の人に聞いたところ、

(たぶん、シリアル番号の先頭が)4、5、6と続いていますが、4以降は(問題は)聞いていません。

で、かつ、購入したものが7(7から始まるシリアル番号)だったので、まず大丈夫だろうとのことだったので購入した。
その上、「もし振動があったら、遠慮なく店に言ってください。」とのことだったし。

買う気満々だったのでそれはよしとして、迷ったのが「どのセットを買うか」

販売形態としては、

・ボディ単体
・EF-S 18-55 IS レンズキット
・EF-S 17-85 IS レンズキット

があるが、EF-S 18-55 ISレンズキットと、EF-S 17-85 ISレンズキットの価格差が7000円しかない!
EF-S 17-85 ISレンズは重いけど、便利なレンズで、通常8万円近くで売られているから、17万円強+12%のポイントはお得だったが、今回は経費節減のため、EF-S 18-55 ISキットを買うつもりだったので、16万円強+ポイント10%の価格は、正直、高すぎ感があった。

同レンズ単体が品不足らしいので、強気な価格設定をしたのだろうけど・・・

しかし、思い切ってEF-S 17-85 ISレンズキットを買ってしまうと、欲望に歯止めがかからなくなる可能性があり、どこかでブレーキをかける必要を感じ(ほんの少しの良心?)、悩みに悩んだ結果、ボディ単体のみを購入。

そのおかげで、翌日からレンズ・メディア(コンパクトフラッシュ)・その他備品を探す羽目に。
[PR]
by rshingen | 2007-12-09 00:23 | デジタルカメラ

物欲に負けた日

c0025498_1335999.jpg


#D50+SB-800で撮影

・・・・6.5コマ/秒のカメラが11万円強で・・・

ボーナス支給日前にボーナスが減りました。(苦笑)
[PR]
by rshingen | 2007-12-07 01:42 | デジタルカメラ

ロールキャベツ

c0025498_0291487.jpg


#D50+SB-800で撮影

う~ん、まず何よりも、

外観がいまいちどころか結構とんでもないなぁ(嘆息)

つくりとしてはオーソドックスで、味も、オーソドックス、というかありきたりな感じだが、外観がそれらを上回る破壊的印象を与えてしまう(苦笑)

手順は、

1.キャベツを一枚ずつちぎり、軽く洗ってやわらかくなるまで煮込む

2.同時に、合挽肉、卵、牛乳、パン粉、塩、胡椒をこね合わせる

3.2.を四等分して、俵型にしたものを、キャベツでくるむ

4.30分煮込む。今回はマギーブイヨン、コンソメ(固形)を入れて煮込み、15分後にケチャップ、ナツメグ、セージを投入して、更に15分煮込む

という、たぶんオーソドックスな作り方。

個人的には、肉の練りこみが少々足りない感じがしたが、煮込めば問題はなかったと感じている。
私の消化器がそう感じるかどうか、まだわからんけど。
[PR]
by rshingen | 2007-12-04 00:37 | その他全般