ブログトップ

R.Shingen's Blog

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

18-200mm VRレンズ修理戻り、花撮影

ここでも載せた、ニコンのVR(手振れ補正)レンズ18-200mmだが、昨年12月ごろ、突然オートフォーカスが利かなくなった。
レンズキットのレンズのオートフォーカスは問題ないので、レンズ単体の問題だなと思っていたが、サービスセンターに持っていこうか、購入店に出そうかと迷っているうちに、1年間の無料保障期間の終了間際になってしまった。
これじゃいかん、と、ニコンのWebページの修理申し込みをしたところ、10日ほどで自宅にレンズが戻ってきた。
御代は、Webから申し込んだ時の受付票を印刷して同梱したので、1000円引きになって735円。
修理内容としては、
・SWM(静音モータ)の交換
・少々後ピン(被写体より、ほんの少し後ろにピントが合う)だったので、その調整
だった。

もともと、18-24mmの焦点域で、時々まったくピントがあわなくなるケースがあり、いずれ修理、もしくは調整に出そうと思っていた。
で、今回の申し込み時に、それもあわせて書いたのだが、それについては特に記載なし。

たぶん、ここと似たような感じだとは思うのだが・・・
これで一度、友人の結婚式披露宴でシャッターが切れなかったことがある。

とりあえず、今回持ち出してみて、いろいろと撮ってみたが、特に問題が見つからなかった・・・というより、撮りたいものを撮っていたら、その点のテストを忘れていただけ(苦笑)
いずれテストをしないと、といっても、どうすれば再現するのか、自分でも良くわからなかったりする(・・・)。

下記の写真だが、ほとんど撮影後のRAW画像調整時に、プラス露出補正している。
#すべてD50+18-200mm VRで撮影
c0025498_23324393.jpg



c0025498_23354518.jpg



c0025498_23362077.jpg



c0025498_23365287.jpg



c0025498_2337175.jpg

チューリップの赤飽和があったので、SilkyPixのファインカラーコントロールで、赤の明度と彩度を下げている。


c0025498_23374685.jpg

こちらも、SilkyPixでマゼンダの明度と彩度を下げた。
[PR]
by rshingen | 2008-04-21 00:02 | デジタルカメラ

ラッタッタ信玄のなんちゃってBlog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30