ブログトップ

R.Shingen's Blog

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

地デジパソコンを完成させよ(2)

c0025498_13364017.jpg


#D50で撮影。外付けフラッシュを使わなかったので、一部フラッシュでてかっている部分がある。今回のPC作りで使用したパーツの一部。

地デジパソコンの自作、難航したのはWindows Vistaのインストールであった。
いや、インストールそのものはそれほどでもない。
その前後に、凡ミスとやや面倒くさい作業があった。

凡ミスとは、Seriai-ATA ハードディスクについて、電源コネクタと別の「くぼみ」に、PC電源からの電源コードを差し込んでいたこと。
これがまた、従来のIDE ハードディスクの電源コネクタと同じ位置に、コネクタがすんなり入る大きさなのだ。
とはいえ、接点があるわけでもなく、これは私の凡ミス。
このため、インストールしようとしたらHDDが見つからない、ということで、かなり時間を無駄にした。
もうひとつは、AMD690Gチップセットが抱えている問題、
すなわち、HDDへのアクセス方法をAHCIで行うように、BIOSで設定すると、Windows Vista、およびXPでインストールがうまくいかないという問題。
Vista SP1でうまくいくと思ったが、インストールこそ普通にこなしたものの、その後の稼動時に、

・HDDがえらく熱くなる。
・HDDアクセスが必要な動作が異常、すなわち、アクセスを執拗にしたと思ったら、しばらくの間止まっている、の繰り返し
で、地デジカードの添付ソフトのインストールすら失敗する始末。

これは、
AHCIをあきらめ、Native IDEモードにすればいい、といえばそれまでだが、せっかくのパーツをパフォーマンスを落として使うのもなんなので、
ここの情報を見て、
GIGABYTEの製品なのに、なぜかAsustekで公開しているドライバを適用して解決した。

 ※日付を見ると、GIGABYTEで公開しているものより新しいので。
  どちらにしろ、AMDから提供されているドライバのはずなんだが。

その他、グラフィックスドライバ(ATI Catalyst)の適用にもちょっとつまずいたが、何とかそこもクリアして、今に至っている。

備忘録として書いておくが、手順は以下のとおりになる。

1.外付けグラフィックスカード(VGAカード)をPCI Expressコネクタに挿し、BIOSの設定でオンボードVGA機能をdisabled(使用不可)にしておく。
この時点で、地デジチューナーカードは挿さない。

2.同じくBIOSの設定で、HDDアクセスを、標準のNative IDEからSATA→AHCIに変更。
また、ブート順序は、FDD→CD-ROM→HDDに変更しておく。

3.Windows Vista(SP1適用済み)をインストール
※できれば、この時点で、前述のAsustekからダウンロードしてFDDに解凍したAHCIドライバを適用するのもいいかも。

4.マザーボードの添付CDでドライバをインストールする。

5.外付けグラフィックスカード(VGAカード)のドライバをインストールする。
※いきなりATI Catalystをダウンロードしてインストールすると、インストール後にVGAドライバがないと警告が出る。

6.もし、AsustekからのAHCIドライバを充てていなければ、遅くともここで充てる(べき)

7.ATI Catalystの最新版(マルチランゲージ版(日本語が含まれる)をダウンロードすること)
を適用。できれば、Windows Updateもやっておきたい。

8.地デジチューナーカードを装着。アンテナ線もつなぐ。

8.起動して、地デジチューナーカード用ソフトウェアを適用。

なお、地デジチューナーカードであるが、製品は
ピクセラPIX-DT012-PP0である。

メーカー製PCの地デジチューナーへのOEM提供として実績があるからか、すんなり動作している。
もっとも

・BS/CSチューナーを内蔵して、他製品より値段が高い。

・DVDやブルーレイへのムーブが、将来のアップデートでの「対応予定」

・画質変換などが今の段階ではできない(HD画質オンリーでしか録れない)。
将来できるようになるかどうかも不明

なので、
競合製品(バッファローやアイ・オー・データ)程、話題にもなっていなければ、
売れてもいないようだが。
[PR]
by rshingen | 2008-05-25 14:29 | コンピュータ

地デジパソコンを完成させよ

c0025498_1103474.jpg


#D50で撮影。写真は、NHKの「土曜スタジオパーク」に「サラリーマンNEO」の番組宣伝で?出演している、アナウンサー中田有紀と俳優山西惇

地デジパソコンを作った。
普通の自作PCに、この5月に”解禁”になった、地上デジタルテレビチューナーカードを乗っけたものである。

 ※これまでは、メーカー製PCに一緒に組み込む形でしか、認められていなかった。

地デジがらみの部分で苦労することは、殆どなかった。
あえていうなら、
 室内ではまったく受信できず、
 かつ、
 窓を開けたくらいでは全局受信できず、
 そして、
 受信電波が弱いと、「数秒間に一回の頻度で、貯めに入るがごとく、止まる」
ぐらいであろうか。
ここら辺は、外にアンテナを設置することで、解決した。

苦労したのは、自作パソコン本体のほうである。
Windows Vista、AMD690Gチップ、AHCI、AMD製ドライバ
これは重要なキーワードある。

ちなみに、地上デジタル放送、にかぎらずデジタル放送は、不正コピーを防がんとするコンテンツ製作者の異常な努力、もとい、異常なまでの執念により、暗号ががっちり施されている関係上、
意外とPCパーツに対する要求は高い。
私が昨年春に買ったGeForce 7600GSでは、HDCPに対応しておらず、流用することができなった。

 ※HDCP・・・ディスプレイあたりの著作権保護技術の一つ。詳しくはココを。

次回以降に続く。
[PR]
by rshingen | 2008-05-25 01:32 | コンピュータ

クローバーフィールドで

c0025498_241971.jpg


#写真は本題とは関係なく、一回転ひねりでプールに飛び込む少年。ドイツ・ベルリンにて、*ist Dsで撮影

クローバーフィールドを見に行った。
一回も車酔いしたことのない私が、酔ったようになった・・・

まぁ、3Dゲームをやると似たような状況(吐きそうに気持ち悪くなる、げっぷが出る)なので、こうなるとは漠然と思っていたが・・・途中で勝手に切り上げられるからなー、ゲームは。

内容は、特にコメントすべきものはなく、一緒に見た友人と「もしも自分が同じような状況になったら、どうする?」と話をしたというものぐらいだが・・・

気持ち悪く、それさえ満足に話せず。
[PR]
by rshingen | 2008-05-11 02:12 | その他全般

ラスト、コーション・・・激動の時代を駆け抜けた女性の物語

c0025498_035308.jpg

#D50で撮影

#以下、「ラスト、コーション」と「ブロークバック・マウンテン」のネタばれがありますので、ご注意を。

1938年、日中戦争の激化で上海から香港に避難してきたワン・チアチーは、抗日劇を上演する劇団の脚本家、クァンに誘われ、抗日劇のヒロインを務める。同時に、日本の傀儡政権である汪兆銘政権の特務機関長イーが香港にいることから、イーの暗殺を試みる。ワンは富裕なマイ夫人として、イーの愛人になるべく接近するが、すんでのところで逃げられてしまう。
やがて1942年、太平洋戦争の最中、上海に戻っていたワンに、かっての組織が接近して、再度、マイ夫人としてイーに接近するよう命じる。首尾よくイーの愛人となるものの、彼の孤独さ、孤高さに引かれていくワンであった・・・

もうすでに上映終了かと思っていたが、六本木と新宿の一部の映画館で上映していることがわかり、あわてて見てきた「ラスト、コーション
ラストは色欲、コーションは注意で、もともとはアイリーン・チャンの小説である。
実際には鄭蘋如(テイ・ピンルー)というモデルがあり、彼女もやはり、日本傀儡政権要人の愛人であった。

映画ではトニー・レオン演じるイーとの激しい(性)愛の結果、最後の最後で組織を裏切り、言葉にならない言葉で「逃げて」とイーに指示し、同志が一網打尽に逮捕され、ワンもイーに助命はされずに、刑場(南の採石場)に連れて行かれる。そして最後、周りのメンバーが泣き叫ぶのと対照的に、クァンに微笑むワン。

ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督の作品であり、事前の世評は結構高かったのでは、と思う。
ただ非常に激しい性愛表現(久しぶりに「ぼかし」を見た!)のため、そちらの方面だけが注目されるのは残念ではあるが。
あの性愛シーンが非常に重要か、と言われると、そうとは断言できないような気もするが、
しかし、
通常の作品であれば、愛を重ねていく過程で、
何度も背景や照明を変えて抱き合うシーンを流していくことで、「二人の中がより深まった」
ことを表現するのに対し、
短い期間に、短い逢瀬をし、激しく愛し合った。互いの孤独と苦しみを忘れるために。
の解釈でOKであるなら、そりゃ激しいシーンが必要だろう、と言った感じか。

最後、イーの愛情にほだされたワンが、組織を裏切るのだが、その前に重要なシーンがある。
ワンは物語を通じ、脚本家クァンに思慕を寄せているのだが、「あれのやり方」の先生も別の男性同志、そしてイーに抱かれている日々であり、その思慕を形には表せない。
しかしクァンも彼女に愛情は持っているので、最後、暗殺決行の前の打ち合わせの時、ついワンに口づけをしてしまう。
そのクァンにワン「どうして、三年前に(口付けを)してくれなかったの」

彼らの愛はこの世では成就しない。この世で成就しないのは互いにわかっている。
しかし互いに愛し合っている。願わくば、死後の世界で成就しようーいわば、第二次世界大戦を舞台にした、長恨歌なのである。

 在天願作比翼鳥 在地願為連理枝
(天にあっては願わくは比翼の鳥となり、地にあっては願わくは連理の枝となりましょう)

ブロークバック・マウンテンにしても、ラスト、コーションにしても、この世では成就しない愛の物語である。
ブロークバック・マウンテンは愛する人が殺され、ラスト、コーションでは共に死んでいく。
彼女は、組織や大義の面からは「失敗者」の烙印を押されるだろう。
しかし、成就しない愛を持ち続け、まるで死後の世界で成就すべく、刑場でクァンに微笑むワンに、人は涙するのかもしれない。
[PR]
by rshingen | 2008-05-07 00:53 | その他全般

ラッタッタ信玄のなんちゃってBlog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30