タグ:撮影 ( 135 ) タグの人気記事

撮影用手袋をamazonで買ったが・・・

c0025498_2251853.jpg


#撮影はNikon D50+AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED+B-800。実際の色は真黒である。

以前に記事にしたように、手袋の片方を落としてしまったので、
これを機会にと、撮影用の手袋(指先が出せるようになっている)をamazonで購入。
製品は、韓国matin社のマルチシューティングクラブM ブラック M-7850
(日本では撮影用品大手のエツミの取り扱い)

が、最初来たのを見てびっくり。「右手側が二つ入っている!」
つまり、左手側の手袋がない!

ためしにつけたところ、若干我慢すれば使用し続けられなくもないなとは思ったが、
amazonの返品ぶりも見たいと思い、「交換」をしてみた。

数日の時間はかかったものの、さすがに、今度はちゃんとしたものが来たよ。

よかったよかった。
[PR]
by rshingen | 2011-01-20 22:21 | その他全般

カウンターぐるぐるまわしコンテンツ

c0025498_22462927.jpg


#お題とは関係なく、東京・芝浦にて。CASIO EX-FC100で撮影。

時々アクセスカウンターを、普段の数倍以上に上げてくれるコンテンツがある。
うちだと
首輪爆弾銀行強盗事件
なのだが、
昨日から今日にかけても続々とカウンター増加中。
たぶん、どこかのテレビ番組で放映されたり、掲示板のスレッドにリンクが貼られたんだろう。

まぁ、増えたところでなんら私の懐が温かくなるわけではないのだが。
アフィリエイトしてないし、てか、
爆弾事件のアフィリエイトってなんだ?
首輪爆弾を30秒で外す山カン第六感ニッパーセット?
[PR]
by rshingen | 2011-01-13 22:57 | その他全般

穴八幡宮

c0025498_2121531.jpg



c0025498_21213351.jpg



c0025498_21215221.jpg



c0025498_2122929.jpg



c0025498_21222616.jpg


#いずれも、Pentax K-r+SMC Pentax-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR
で撮影。

お参りに行っていなかったので、穴八幡宮に行ってきた。
K-rの撮影テストも兼ねている。
やはり、1/100であやしいのがあるが、手ぶれと言えるかどうか。
断定も断言もできないので、今度は、F11~F13くらいに絞って撮ってみよう。
で、
行って来たはいいが、帰りがけに手袋を片方落としてしまった。
正確には
手袋落としたことを気づかず、通りを歩いていると、
後ろから女性が追いかけてきて、「これ、落としました」と
手袋を渡してくれたので、
(いい人だな―)
と思ってふとポケットを探ると、「あ、もう片方がない!」

しょうがなく、これを機会に、
カメラマン用の手袋(指がでているやつ)を発注。

厄落としだと思えばいいか。

ちなみにお守りが800円と高かったので、社務所みたいなところは
行かず、おみくじも引いていない。
[PR]
by rshingen | 2011-01-12 21:43 | その他全般

ボイルたらばがにをもらった

c0025498_22345885.jpg


#Sony Ericsson W62Sで撮影

親戚からタラバガニ(ボイル済み)をもらったので、
何を食べるか思案した結果、
一番楽そうな「かにしゃぶしゃぶ」を作る。

しかし、これ、作りなれていないんで、
これでいいのかいまいちよくわからん。
当然、インターネットで下調べもしたし、
箱にさばき方の説明が書かれた紙が同封もされているのだが。
[PR]
by rshingen | 2011-01-08 22:43 | その他全般

手元にマイクロフォーサーズカメラが・・・

c0025498_23352495.jpg


#Pentax K-r+Pentax DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。背後はバッグ代わりのHAKUBAのレンズポーチ。

せっかくK-rを買ったのだから、毎日持ち歩きたい。
しかし、DA 18-135mmはりっぱなズームレンズだから、
K-rに装着すると、重量と形態の面で持ち運びづらい。

で、DA 21mmとかDA 40mmとかを検討して、
一時はどちらかのレンズを購入しようとを思っていたが、
レンズが薄くても、ボディの厚みがあるんだよな~
たとえ軽量・コンパクトな一眼レフであるK-rといえども。

で、更に小型軽量なミラーレス一眼に興味を持ち、調べてみた。
最初はSony NEX-3+パンケーキレンズにひかれたが、
なんとパンケーキには手ぶれ補正がない!

でさめてしまい、次にマイクロフォーサーズ陣営の
Olympus E-PL1+パンケーキセットを調べてみた。

価格はいい具合に落ちてきているだが、
いかんせん、ここにも「謎のブレ」問題あり

で、スタイルはOlympus E-PL1にちょっと劣るが、
AF性能等が優れている
Panasonic DMC-GF1のパンケーキセットを購入。

ただし、金がなく、
後継モデルの発売で同モデルが急速に店頭から消えているので、
展示品処分品を29800円で購入。
(おまけに充電器もないので、サードパーティ品を別途amazonで購入)

使ってみると、
高感度のノイズが5年前のAPS-Cイメージセンサーの一眼レフと
同レベルだが、
それ以外は悪くないと思う。
なにしろ、持ち運びやすいのがいい。

しかし買ってから気づいたことは
 Panasonicのマイクロフォーサーズカメラはレンズで手ぶれ補正だが、
 パンケーキレンズには手ぶれ補正機能ないやんけ!
うーんこれならNEX-3で良かったか?
(NEX-3の方が高感度ノイズは少ないと思われる)

まーせっかく買ったんだし、使っていきましょう。

以下、GF1による撮影。

c0025498_0381489.jpg



c0025498_0384469.jpg



c0025498_039463.jpg



c0025498_0392234.jpg



c0025498_0394428.jpg



c0025498_040466.jpg

[PR]
by rshingen | 2011-01-06 00:49 | デジタルカメラ

K-rを買った理由

Pentax K-rを買った理由・・・
一番大きいのは「なぞの手ぶれ」現象と思われるものが、自分のK-xに出たからである。

詳細は、
http://dslr-check.at.webry.info/201003/article_9.html
http://mak-kawa.my.coocan.jp/digicam/k-7/cons/blur_image/bi.htm
に書かれているが、
シャッタースピード1/125前後の「手ぶれしにくい」ところで手ぶれするというもの。
画角も、決して望遠でないのだから、確かに不思議である。
#リンク先はK-7での記述だが、k-xでもでているらしいということは言及されている。

以下、私の撮影した画像で、その現象と思われるものを紹介する。
最初に全体図、後に部分図。

c0025498_202522.jpg



c0025498_205282.jpg

手前の石の奥の部分一帯。


c0025498_215292.jpg



c0025498_221146.jpg

画面中央のやや下より。


c0025498_224921.jpg



c0025498_231079.jpg

画面左側。完全に左隅なら、レンズの「流れ」と解釈できなくもないのだが。


c0025498_24924.jpg



c0025498_242638.jpg

画面がフレアっぽいのが気になるが、上半分左や、右奥でも。


c0025498_252627.jpg



c0025498_254897.jpg

下半分はさほどぶれているとは思ないが、上半分はぶれている。

#いずれも東京・日比谷公園にて、Pentax K-x+DA L 18-55mm F3.5-5.6ALにて撮影。

・風の影響
・カメラの構え方(がうまくなくて、手ぶれ補正を超える手ぶれが発生)
・フォーカスがあっていない部分のボケ

などを決して否定しない。
しかし、今回に関しては、「謎の手ぶれ」という感じがするのだ。

ペンタックスに修理に出せばいいかもしれないが、
再現性が難しいし(毎回毎回でるわけではないのだ!)
「もしかしたらぶれ画像を撮っているのかもしれない」という気持ちで
撮影するものいやなので
ー上の画像を見ればわかるが、等倍にしないとぶれがわかりずらいー
結局、K-xを下取りにして、K-rを購入することになったのである。

K-rはスーパーインポーズもつくし、ライブビューも進化した、との利用者の声もあったから。

今のところ、K-rで同様の症状が出るかどうかは、まだ枚数を撮っていないので、
わからない。
[PR]
by rshingen | 2011-01-04 02:21 | デジタルカメラ

謹賀新年 2011

c0025498_158660.jpg


#お題とは関係なく、ドイツ・ポツダムの新宮殿にて。Pentax *istDs+SMC DA 18-55mm F3.5-5.6 ALにて撮影。2006年

あけましておめでとうございます。
このブログも2005年1月から始めてはや6年目、多い月でも6回くらい、おおよそ月に3回くらいしか更新しないのんびりブログではございますが、
その分内容は充実・・・してないな、でも今年は頑張るよ、
てな感じで
 無理しない範囲で
努力しますので、
引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願いしまーす!
[PR]
by rshingen | 2011-01-01 15:41 | その他全般

ペンタックスK-rがきたよ

c0025498_228357.jpg



c0025498_2282551.jpg



c0025498_2284157.jpg



c0025498_229276.jpg



c0025498_2291675.jpg



c0025498_2293161.jpg



c0025498_2294520.jpg



c0025498_22114642.jpg


いずれもPentax K-r+DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。

うちにPentaxの一眼レフデジタルカメラ、K-rがきた。
って言っても、カラーをシルバーボディ+ブラウングリップで注文して、
きっかり二週間後にブツがカメラ店に届いたので、取りに行ったのだけど。

と書くと、みなさん、
 よく金あるね~、そんなに
と思われるだろうが、今回は
 はじめて手持ちのカメラ・レンズ資産を下取りにして、新品を購入
したのである。
Canon EOS 40DやPentax K-xレンズキットなど、
二台のボディと六本のレンズを合わせ、下取り金額九万円ちょっとに、
下取りなので10%アップ、等の結果、
払ったお金は
 六千数百円
ですんだのである。
予想では査定額が四万円いかないかと思っていたので、
これは嬉しい誤算だった。
ただ、カメラ本体の備品が「欠品」していて数千円減額になったのは、
家を探せば必ず当該品が出てくるはずで、この点は大いに反省すべきだけど・・・

手元には1台のボディと1本のレンズしか残っていないので、
人によっては正直不利な取引と思うかもしれないが、
私の使い方からすると、高倍率レンズつけっぱなしがあっていると思うから、
いいのである。
通勤時に持ち歩くために、軽量・省スペースな単焦点レンズもほしいけど・・・(笑)

#購入動機は、のちのちに。

で、とりあえず撮影したのが上記の写真。
柿のと、胡桃のを除き、ISOは2500~3200である。
これで、この程度のざらざら感であれば、やはり、非常に優秀だと思うが、
いかがであろうか。

ちなみに、K-rになりコントラストAFのライブビューがかなり良くなったので、
いずれもライブビューで撮ったのだが、
下から二番目のネギの写真のみ、
 合焦サインが出ているのにあっていない
状況だった。
なんなんだろうな?
[PR]
by rshingen | 2010-12-31 22:31 | デジタルカメラ

苛烈な時代

c0025498_18463093.jpg


#お題とは関係なく、日比谷公園にて撮影。Pentax K-x+DA L 18-55mmF3.5-5.6ALで撮影。

昔、映画「グッド・シェパード」をDVDで見たことがある。
CIAの創設からピッグス湾事件を描いた映画で、評価というと、
重厚な映画だが、長すぎ、気を抜くとわからなくなる、など
の評価が多数であった。

しかし私が見た後の感想は、「苛烈な時代だったんだな」である。

(ネタばれあり)
CIA中堅幹部の主人公は
自分の息子の結婚相手が敵対諜報機関(たぶんKGB)のスパイであったことを知り、結婚式当日、式に飛行機でやってくる花嫁を機上から落として殺すように指示、いつまでもやってこない花嫁をいぶかしがる息子を抱きしめ、愛している、という。
事情がわかった主人公の妻は物陰から大粒の涙を流すー

冷戦下、このような国家の対立や激動する世界に押しつぶされる個人や家族は
他にもあったと思う。
冷戦以前の、ナチスに殺されたユダヤ人やシンティ・ロマ、さかのぼればT4作戦で
殺された障害者も同じである。
しかし、この苛烈さはどこからくるのだろう?
ナチスに関していえば、
優生思想であり、
反共産主義思想であり、
このままではドイツは滅びるという強迫観念であり、
大恐慌がこれらの思想の具現化を後押ししたのであった。

もちろん、反ユダヤ主義も優生思想もナチス以前にあったものだが、
ロシア革命の成功、第一次世界大戦敗北とその後の大恐慌が
ナチスを政権に押し上げ、「苛烈な思想」を実行させたのであった。

ナチスは、ゲルマン民族のみの幸福追求、
つまり、他民族はその犠牲になることを強い、
その苛烈さゆえに、
結局はドイツどころか占領下の国々でも受け入れられることはなく、
帝政ドイツと同じ敗北の道をたどった。

冷戦が崩壊したように、人々に苛烈さを強いる情勢や体制は永続はしない。
期間は長かろうとも。
出口のない不況が続き、排外主義を生み出しかねない現在も「苛烈な時代」かもしれないが、
上記の苛烈さを見てきた人類は、それもソフト・ランディングさせるのだろう。
そう信じたい。

そのためにも、
 人はみな弱いんだ
 人はみな孤独なんだ
 弱いのは自分ばかりではないんだ
 苦しんでいるのは自分だけではないんだ
という、孤独や苦しみのシェアリングが必要なのかもしれない。

と、ネットラジオ1club.FMのDance Hitsを聞きながら考えた。
なぜか、シンセサイザー音が多用されるDance曲を聞いていると、メランコリックになるんだよね・・・。
[PR]
by rshingen | 2010-12-11 18:59 | その他全般

白糸の滝、峠の茶屋、軽井沢

c0025498_01810.jpg



c0025498_013224.jpg



c0025498_015115.jpg



c0025498_02668.jpg



c0025498_022747.jpg



c0025498_02446.jpg



c0025498_0324100.jpg



c0025498_033981.jpg



c0025498_04173.jpg



c0025498_042249.jpg



c0025498_044081.jpg


#いずれも、Nikon D50+AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-EDで撮影

文化の日、最初は職場の人から紹介されたクリスタルラインに行こうとした、
が、出発前に渋滞情報を見たら、もう
ーというのは、ほかの高速道路では発生していなかったからー
調布や元八王子で渋滞が発生しているとの中央高速の情報を見てあきらめ、
さてどうしようかと考えたのが、軽井沢。
正確に言えば、碓氷軽井沢インターで降りたら、どっか紅葉の名所あたりにいくだろうとの
いきあったりばったり。

もっとも、関越にさあ乗ろうとしたらやはり渋滞情報がでたものの、それなりに流れていたため、
二時間程度で軽井沢に到着。
とりあえず(旧)軽井沢駅舎記念館に行き、2Fの貴賓室を撮影。
その後、白糸の滝まで走り、白糸の滝から、徒歩で片道2.8km歩いて、
峠の茶屋へ。
峠の茶屋で昼食をした後、元の道を戻って白糸の滝、そして帰還。
ということにあいなった。

紅葉としてはいまいちだったけど、とりあえず、白糸の滝が見られたのはよしとしなくては。
時間があれば浅間山(途中まで)も登りたかったが、これはまた今度かな。
[PR]
by rshingen | 2010-11-04 00:19 | 旅行