「ほっ」と。キャンペーン

タグ:日本 ( 36 ) タグの人気記事

園子温「恋の罪」は、「男の罪、女の業」の題の方がいいのでは

c0025498_2283839.jpg


#Motorola ISM11W で撮影。プログラムの表紙。

ラブホテルで不倫相手と一戦交えている吉田刑事(水野美紀)に呼び出しが入り、渋谷・円山町に行くと、
女性の死体とマネキン人形の結合体が、取り壊し寸前のアパートで発見されていた。被害者は、デリヘル嬢らと思われ、聞き込み捜査を開始するが、なかなか情報が出てこない。
一方、人気作家の妻、いずみ(神楽坂恵)は、生活的には何不自由ない状態でありながら、なぜか満たされない日々が続いていた・・・


珍しく邦画を見に行く。
昨年の「名前のない女たち」から一年ぶりくらい、
私は全然知らなかったが、実は邦画では鬼才と評される、園子温監督の「恋の罪
どちらも似たようなタイプの映画だ。

見た直後の感想は、
・とっぽい女の子の描き方は、この二作品とも同じだなー
・女×狂気=過剰なエロ、男×狂気=暴力・殺人 か?
というもの。
割と類型的だな、感はあった。

どちらも「満たされない女(の子)」が、ふとした契機で
風俗業界に進んで、結局は幸福とは言えないー他人から見ればーという
終わり方なので、似ていると思ったのだ。

だからデジャブ感。
しかし、
予備知識なし
上映時間二時間前後
で、お客さんの関心を引き付けるのは、
いわゆる人間の根源的欲求かそれに近い、
エロと暴力を時代に合わせて解釈するのは、
間違えっていないが・・・

ただ、この映画、「承認欲求に飢えた女の心の隙間」に忍び込んでくるのは、
「性目的で利用しようとしている男」という構図だから、
「恋の罪」よりも「男の罪、女の業」のほうが、内容をより正確に現わしているとは
思う。
マーケティング的にはダメ出しされるだろうけど。

プログラムの香山リカの解釈が割と納得できるものだった。
みんな、満たされない感を持っているが、
満たすための正答なんて、そもそもないか、見つからないのだ。
[PR]
by rshingen | 2011-12-27 22:35 | その他全般

名栗湖

なんと、いろいろあって、四か月もブログを更新していなかった・・・のだが、
名栗湖に紅葉写真を撮りに行ってきたので、ここに更新再開。

もともとは、ウェザーニュースの紅葉情報で、見頃と出ていたので、
行ってみた名栗湖。
渋滞を考慮して、電車プラスバスで行ったのだが・・・

え、これ、見頃?
うそだろー状態。

いくつかは、まっかっかで、これぞ紅葉というのもあったが・・・

というわけで、一面燃えるような赤を想像していたので、かなりがっかりなのである。

行ったからには、写真を撮ったけどね。

c0025498_0181875.png

帰宅してから画面ショットを取得したので、日付は一日ずれているが、見頃であったのは確か。


c0025498_0205368.jpg

名栗湖


c0025498_0215371.jpg



c0025498_0222016.jpg



c0025498_0224868.jpg



c0025498_0231669.jpg



c0025498_0234515.jpg



c0025498_024716.jpg



c0025498_0242549.jpg



c0025498_0244699.jpg



c0025498_025665.jpg



c0025498_0252418.jpg



c0025498_0254278.jpg


#すべてPentax K-r+Pentax-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR で撮影
[PR]
by rshingen | 2011-11-21 00:34 | デジタルカメラ

久しぶりのブログ更新は三浦半島のスイカの話

c0025498_23165100.jpg



c0025498_23163842.jpg


#写真は大浦海水浴場。CASIO EXILIM EX-FC100で撮影

夏風邪ひいたり、試験受けたり、腰痛めたり、随分、前回の更新から間が空いてしまった・・・

今回は、神奈川の大浦海水浴場に行った話。

友人が「真夏に海岸で体を焼く」という、「なぜ好き好んでシミとかできやすくする?」の
趣味の人なのだが、焼くことでAV男優、もとい「健康的イメージ」を出すのは吝かでないので、
私も一緒に行った。

ここは昨年も行ったところで、
焼いた後、畑のわきのスイカ売りから「でっかく、よく熟れた(熟れる前に出荷されるスーパーの品とは違う)、
そして安い」スイカを買って帰るのだ。
自宅用ということで、直径40センチ以上もあるでかいスイカを、二人で一つ、
一人当たりにしてみたら1000円くらいで買っていたのだが、
今年はなんと、
海に行く時はたくさんあったのが、帰りはほとんどなくなっており
「お客様に出すレベル物」が少し残っていただけだった。
お値段は約3000円。
3000円にしたって、充分安いとは思うが・・・しかしこんなに売れたんか!
実は結構有名な小売場なのだろうか。
店のおばちゃん曰く、「スイカも予約制なのよ。みんな海に行く前に予約していく」
友人いわく「こんなところにも予約制度が来ているのか。世知辛い世の中だなぁ」
[PR]
by rshingen | 2011-07-21 23:23 | その他全般

結局Kindle購入に

c0025498_13214384.gif


結局、購入を決めたKindle3 (3G+Wi-Fiモデル)
「もしキンドルストアジャパンができたら、3G回線無料使用がなくなるのでは?」
の懸念が大きいかな、決断要因は。
しかし買ったら買ったで、今度は
「壊れた時、電話でアメリカ側と『当然』英語で話さにゃならん」という懸念が(苦笑)

しかし、いつも感心するのは、Amazon USAの「仕事が早い」こと。
日本国内のAmazonにはそれほど感心しないが、米国からこうも早く発送されると
感心してしまう。

あとは成田空港でどれくらい「滞在」するかだが。
ちなみに上図にもあるように、
木曜日夜に購入(Place Order)ボタンをポチッと押して、
当初11月2日~4日に配達予定が、
11月2日になっている。

そして今見ると
推定配達日が11月1日。※Amazonのトラッキングページではなく、
配達会社のUPSのトラッキングページによる。

余談だが、
Googleの特殊検索を使っても、ある程度荷物の配達状況がわかるので便利。
http://www.google.co.jp/intl/ja/help/features.html
[PR]
by rshingen | 2010-10-30 13:19 | コンピュータ

ネットブックにWindows7インストール中

c0025498_055185.jpg


以前から使っているMSI U100 VogueにWindows7インストール中。
そろそろWindows7に本格的に慣れないといかん、ということで。
この記事も新しく買ったスマートフォンIS02で投稿中。
しかし独立キーボードで書いていても打ちにくい、と言うより
タッチパッドの使いづらさがキーボードの力を殺しているような。
[PR]
by rshingen | 2010-10-26 01:07 | コンピュータ

熊本に行ってきた(3)

c0025498_055029.jpg



c0025498_061270.jpg



c0025498_062394.jpg



c0025498_063680.jpg



c0025498_06514.jpg



c0025498_0723.jpg



c0025498_071366.jpg



c0025498_072348.jpg



c0025498_073334.jpg



c0025498_082036.jpg



c0025498_08968.jpg



c0025498_074492.jpg



c0025498_075864.jpg


#Canon EOS 40D+Sigma 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMで撮影。

翌日は、
「有効なお通じ」が5回に渡る(つまり、それ以上の回数、トイレに行ってきたということ)となる、大変な日だったが、なんとか阿蘇山に行き、ロープウェイで噴火口へ至る。
ガスが昇る噴火口を見た後、何を間違ったのか、友人は「山に登る」という。
山と言っても中岳なのだが、遊歩道を進み、いざ登るとキツイことキツイこと!
友人など、「玉のように吹き出る汗」のため、何度休んでいたことか。

しかし途中までとはいえ、登ると、なかなか素晴らしい景色が現れてきた。
「気分はスコットランドかな~」と言ったら、「それ違う」と否定されたけれど。

でも登山に時間がかかったおかげで、昼食はレンタカー返却後の15時に、熊本空港でラーメンを食べることになった。
個人的には、黒亭よりこの空港のラーメン屋さん(「うまか軒」)の方が美味しいと思った。

それで「食い過ぎ」の熊本一泊二日旅行はおしまい。
次回は「食い過ぎ」なきよう、切に願いたいものである。>友人
[PR]
by rshingen | 2010-08-03 00:11 | 旅行

熊本に行ってきた(2)

c0025498_0165983.jpg

黒亭のラーメン。


c0025498_0173243.jpg

水前寺成趣園にて。


c0025498_0174622.jpg

出水(いずみ)神社


c0025498_018125.jpg

水前寺成趣園にて。


c0025498_0181562.jpg

手前の赤いのが鹿肉。奥が鴨肉。


c0025498_0182741.jpg

加藤家の桔梗紋のような焼き皿。真ん中は鍋。


c0025498_0184341.jpg

馬刺し。翌日領収書を見たら2900円!高~い。


c0025498_0185572.jpg

画面奥から水路を具材を載せた舟?が流れてくる。大抵は店員さんがテーブルのそばにいるので、目的の具材を間違いなく取ることができる。(取るのは客自身)


c0025498_025135.jpg

最後はデザートも。


c0025498_0253886.jpg

清風荘の別館。


c0025498_0255914.jpg

清風荘本館入口。


c0025498_0272741.jpg

有名なすずめの湯の入り口。

CASIO EX-FC100、またはCano EOS 40D+Sigma 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMで撮影。

今回は、というか、今回も友人企画で、メインは地獄温泉なのだが、
実際には食道楽・・・というか、食苦楽?な旅だった。
空港からレンタカーで向かったのは、「かつ美食堂」というホルモン料理で有名な食堂。
ここでホルモン定食を食したのが11時。
その後、熊本城を見て、ラーメン「黒亭」でラーメンを食べたのが15時(直前まで、私自身は食べない、と抵抗したのだが・・・)
車で地獄温泉 清風荘へ向かい、18時について、晩ご飯を20時にしようとしたら、
「それはちょっと・・・」(by宿の人)
ととなり、19時30分に晩御飯。
メニューは事前に選択してあった当宿名物「地獄鍋」

写真を見るとわかるように、結構な量で
真面目に、晩御飯後、数時間は布団に突っ伏していた。
ヒジョーに苦しかったのである、満腹過ぎて。
結局、「すずめの湯」に行ったのは、23時前後であった・・・。

これを書いている一週間後の今日、胃炎になったのも、これと無関係ではあるまい(泣)
友人の胃袋では消化できても、こちとらのデリケートな胃袋には大負担なのだよ、二度昼飯は。
[PR]
by rshingen | 2010-08-01 00:39 | 旅行

帰路ー松山・宇和島旅行(5)

#いずれも、Nikon D50+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)で撮影。

c0025498_15125788.jpg



c0025498_15132216.jpg



c0025498_15133645.jpg



c0025498_15134828.jpg



c0025498_1514143.jpg


闘牛が終わった後は、外に出て、送迎バスを待つ。
この送迎バスが来たのは30分後くらいだったろうか。
正直、レンタカーと言わなくても、レンタサイクルでもあれば待ち時間を減らしたのに!
エル特急宇和海の運行頻度を考えると、時間は結構シビアであるので。

ゆえに、駅前まで送ってもらった後、歩きで宇和島城へ。
途中、商店街を歩いたが、シャッター商店街ではないものの、
客はほとんどおらず。
結構な人が闘牛に行っているだけかもしれないが・・・。
そこは、松山の大街道とは異なり、寂しいものを感じた。

宇和島城と宇和島市立伊達博物館を見学後、帰路へ。
帰りのバスはアンパンマン仕様の宇和海だった。
松山からバスで空港へ、空港でお土産を買いこみ、機中の人に。
天気にも恵まれ、充実した二日間だった。
[PR]
by rshingen | 2010-05-05 15:26 | 旅行

闘牛だけどスペインのとは違うのだー松山・宇和島旅行(4)

#いずれも、Nikon D50+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)で撮影。

c0025498_2272817.jpg

エル特急宇和海。これで松山から宇和島へ。


c0025498_228786.jpg

闘牛場内の売店で購入した弁当。正直、名物でもなんでもなさそうなんで、駅前で買っておけばと少々後悔。右奥の唐揚げの隣が、名物のじゃこ天なのか?


c0025498_2282286.jpg



c0025498_2283534.jpg



c0025498_228508.jpg



c0025498_229419.jpg



c0025498_2291667.jpg



c0025498_2293629.jpg



c0025498_2294942.jpg



c0025498_2210338.jpg



c0025498_22101243.jpg

最後の二枚は片方の牛が対戦相手をつきまくり、わき腹に傷ができ、血が出ている。
この試合と、写真にとり損ねた(!)角でひっくり返した試合が面白かった。

二日目、松山を離れ、特急「宇和海」で宇和島へ。
宇和島を選んだのは、幕末の雄藩・・・ではないが、伊達宗城が近代化をした宇和島を一回は見てみたかったのと、たまたま闘牛が開かれることを知ったから。
闘牛といっても、牛vs牛で、スペインの牛vs人とは違う。
殺し合いにもならないので、健全・・・かどうかはわからんが、少なくとも残虐さは少ないイベントではないだろうか。
駅前のバス会社の入り口前で待ち、やがて迎えに来たバスで闘牛場へ。
詳しくはこちらに譲るが、
当初、ちょっと変わった被写体が写せる程度しか思っていなかった、
実際見てみると、イベントとしても面白かったとと思う。
客の入りは9割くらいで悪くない。
ただ、最近のご時世で、牛を出場させらる余力のあるところも少ないらしい。
帰り、闘牛場前で30分近く待たされたのはナンだが、結構満足できたイベントであった。
[PR]
by rshingen | 2010-04-27 22:24 | 旅行

道後温泉・松山城-松山・宇和島旅行(3)

機材はNikon D50+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

c0025498_2394312.jpg



c0025498_2402674.jpg



c0025498_2403924.jpg



c0025498_2405828.jpg

最初の4枚は道後温泉。神の湯階下のみ入ったが、片一方(西か)に入り損ねた-二つあると気がつかなかったので。後、バスタオルは「貸し」がないんだね。次回行くことがあれば、気をつけないと。


c0025498_2411476.jpg

道後ぎやまんの庭。ここの建物は1Fがカフェ、B1Fはガラス工芸品の美術館。美術館は新築建物特有のにおいがあったが、においの元はリノリウムなのかな?


c0025498_2412887.jpg

松山城へ行くと、傘と照明のコラボレーションが。なかなか綺麗でいい雰囲気。このアイデアはとても良い。


c0025498_2414326.jpg

松山城から望む。手持ちでの撮影-つまり、三脚を使用しない-のせいか、個人的にはあまり満足できない画質だが。


c0025498_2415490.jpg

ライトアップされた松山城。色がこの色でよかったかどうか、忘れてしまった。こういう場合も、グレーカードを使用したホワイトバランス記録(と修正)でいいんだろうか。

とにかく初日は歩いた。大街道商店街から道後温泉駅まで、歩いていったくらい。
靴がちょっと小さめのせいか、右足人差し指が内出血して少々痛かったが・・・
ただ、大街道も人がいたのにはほっとした。
こうやって旅行すると、結構、地方都市は人が少ないので、寂寥感を持たざるを得ないケースも結構あるのだ。
[PR]
by rshingen | 2010-04-24 03:04 | 旅行