「ほっ」と。キャンペーン

タグ:映画 ( 6 ) タグの人気記事

園子温「恋の罪」は、「男の罪、女の業」の題の方がいいのでは

c0025498_2283839.jpg


#Motorola ISM11W で撮影。プログラムの表紙。

ラブホテルで不倫相手と一戦交えている吉田刑事(水野美紀)に呼び出しが入り、渋谷・円山町に行くと、
女性の死体とマネキン人形の結合体が、取り壊し寸前のアパートで発見されていた。被害者は、デリヘル嬢らと思われ、聞き込み捜査を開始するが、なかなか情報が出てこない。
一方、人気作家の妻、いずみ(神楽坂恵)は、生活的には何不自由ない状態でありながら、なぜか満たされない日々が続いていた・・・


珍しく邦画を見に行く。
昨年の「名前のない女たち」から一年ぶりくらい、
私は全然知らなかったが、実は邦画では鬼才と評される、園子温監督の「恋の罪
どちらも似たようなタイプの映画だ。

見た直後の感想は、
・とっぽい女の子の描き方は、この二作品とも同じだなー
・女×狂気=過剰なエロ、男×狂気=暴力・殺人 か?
というもの。
割と類型的だな、感はあった。

どちらも「満たされない女(の子)」が、ふとした契機で
風俗業界に進んで、結局は幸福とは言えないー他人から見ればーという
終わり方なので、似ていると思ったのだ。

だからデジャブ感。
しかし、
予備知識なし
上映時間二時間前後
で、お客さんの関心を引き付けるのは、
いわゆる人間の根源的欲求かそれに近い、
エロと暴力を時代に合わせて解釈するのは、
間違えっていないが・・・

ただ、この映画、「承認欲求に飢えた女の心の隙間」に忍び込んでくるのは、
「性目的で利用しようとしている男」という構図だから、
「恋の罪」よりも「男の罪、女の業」のほうが、内容をより正確に現わしているとは
思う。
マーケティング的にはダメ出しされるだろうけど。

プログラムの香山リカの解釈が割と納得できるものだった。
みんな、満たされない感を持っているが、
満たすための正答なんて、そもそもないか、見つからないのだ。
[PR]
by rshingen | 2011-12-27 22:35 | その他全般

僕の彼女はサイボーグ

c0025498_1858396.jpg

#タイトルとは関係なく、2005年鳥取砂丘にて。Pentax *istDs+DA18-55mmF3.5-5.6ALで撮影。


友人に進められた「僕の彼女はサイボーグ
普段見ない邦画DVDだが、面白かった。
綾瀬はるかにサイボーグをやらせるというのが面白い。
私がいつも気にする(綾瀬はるか個人ではなく、日本人タレントの演技全般に対して)
リアリティ的に???を感じるところ、
せりふ読みがいまいちなところ、などの邦画に対する不満が回避されていて
良かった。
小出恵介は悪くないと思う。

だが、見た直後の感想は、
「現代の男は、こういう強い彼女の出現をひそかに待望するほど、弱くなっちまったのかー(含む自分)」
てところ。
監督・脚本は「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン(韓国人)なので、
現代の男というより、アジアの男、と言ったほうがいいかもしれん。

(以下、ネタばれあり)

しかし、下記の流れからすると、
「タイムパラドックス」が生じているような気がするんだが、どうなのか?
それもあるが、落札した女性が過去にタイムトラベルするとか、
ストーリーの中で必然があるとは、正直、思えないのだが。
竹中直人演じる酔狂な教授も、存在意義はないし。


未来のジローがサイボーグを作り、過去に行かせる

サイボーグがジローを守る

さらに稼動期間終了後、サイボーグそっくりの女性に落札される

記憶をたどり、サイボーグの出現期間より1年前に出現

後、大地震の際に現れ、ジローと一緒にすごすことに。

見て満足はしたけど、ここら辺、細かいところは気になった。
[PR]
by rshingen | 2010-07-04 19:04 | その他全般

俺たちフィギュアスケーター

c0025498_044293.jpg


昭和記念公園にて。EOS 40Dで撮影

仕事で忙しい日々が続くが、
借りてきていた「俺たちフィギュアスケーター」をDVDで見る。

要はフィギュアスケートを舞台とした、
アメリカのお馬鹿&お下劣映画なのだが、
なかなか楽しい。
途中、二度ほど「おいおい」と思って爆笑してしまった。
「だめヒーローの復活映画」でもあるので、
もちろん、最後はハッピーエンド。

主役のウィル・フェレルはコメディ俳優として有名な人、
ケイティ役のジェンナ・フィッシャーはなかなか可愛いが、
1974年生まれだから34歳。その年には見えない!
DVD見ている時は10代~20代前半と思っていた。

まぁ、ナオミ・ワッツがブレイクした映画「マルホランド・ドライブ」を
見ていたときも、33歳(撮影時は32歳か?)と思えず、やはり10代~20代前半と
思っていたから、私の年齢見立ても当てにならんが。
[PR]
by rshingen | 2008-10-16 01:02 | その他全般

スターリングラードのDVDが発売

c0025498_23223595.jpg


モミジアオイ。以前にもPentax *ist DSで撮ったっけ。EOS40D+Sigma 18-125mm OS HSM で撮影

今日は風邪引いて会社を休んだ。

で、画像とも、その話とも関係なく、
映画「スターリングラード」のDVDがついに国内発売される。(2008年10月31日、ケンメディア)

と書くと、「え、とっくのとうに発売されてるじゃないか」と思う向きもあるだろうが、
私が書いているのは、1993年ドイツ映画としての「スターリングラード」である。

有名な映画「スターリングラード」とは全く別物の、
ひたすら気が重くなる戦争映画である。
ドイツ人が作ればそうなるだろうと思う。
でも戦争の悲惨さ、スターリングラード攻防戦の悲惨さがよく描かれているとも思う。戦争映画の役割のひとつだ。

私は、昔、レンタルビデオで見たことあるが、
それ以来、販売としては絶版となっているし、
もう中古で探すか(殆ど絶望的)、Yahoo!オークションだのみかなぁと思っていた。
画質も中古ビデオゆえ、悪いだろう・・・と。

と思っていたところにDVD発売の知らせ。
発売もとのケンメディア、やるなぁ!
有名人としては、まだ有名とはいえなかったトーマス・クレッチマンがでているが、
クレッチマンのファンも数限られているだろうし。
いやー何事も、あきらめずにネットで探し続けろということか。
[PR]
by rshingen | 2008-09-26 23:37 | その他全般

クローバーフィールドで

c0025498_241971.jpg


#写真は本題とは関係なく、一回転ひねりでプールに飛び込む少年。ドイツ・ベルリンにて、*ist Dsで撮影

クローバーフィールドを見に行った。
一回も車酔いしたことのない私が、酔ったようになった・・・

まぁ、3Dゲームをやると似たような状況(吐きそうに気持ち悪くなる、げっぷが出る)なので、こうなるとは漠然と思っていたが・・・途中で勝手に切り上げられるからなー、ゲームは。

内容は、特にコメントすべきものはなく、一緒に見た友人と「もしも自分が同じような状況になったら、どうする?」と話をしたというものぐらいだが・・・

気持ち悪く、それさえ満足に話せず。
[PR]
by rshingen | 2008-05-11 02:12 | その他全般

ラスト、コーション・・・激動の時代を駆け抜けた女性の物語

c0025498_035308.jpg

#D50で撮影

#以下、「ラスト、コーション」と「ブロークバック・マウンテン」のネタばれがありますので、ご注意を。

1938年、日中戦争の激化で上海から香港に避難してきたワン・チアチーは、抗日劇を上演する劇団の脚本家、クァンに誘われ、抗日劇のヒロインを務める。同時に、日本の傀儡政権である汪兆銘政権の特務機関長イーが香港にいることから、イーの暗殺を試みる。ワンは富裕なマイ夫人として、イーの愛人になるべく接近するが、すんでのところで逃げられてしまう。
やがて1942年、太平洋戦争の最中、上海に戻っていたワンに、かっての組織が接近して、再度、マイ夫人としてイーに接近するよう命じる。首尾よくイーの愛人となるものの、彼の孤独さ、孤高さに引かれていくワンであった・・・

もうすでに上映終了かと思っていたが、六本木と新宿の一部の映画館で上映していることがわかり、あわてて見てきた「ラスト、コーション
ラストは色欲、コーションは注意で、もともとはアイリーン・チャンの小説である。
実際には鄭蘋如(テイ・ピンルー)というモデルがあり、彼女もやはり、日本傀儡政権要人の愛人であった。

映画ではトニー・レオン演じるイーとの激しい(性)愛の結果、最後の最後で組織を裏切り、言葉にならない言葉で「逃げて」とイーに指示し、同志が一網打尽に逮捕され、ワンもイーに助命はされずに、刑場(南の採石場)に連れて行かれる。そして最後、周りのメンバーが泣き叫ぶのと対照的に、クァンに微笑むワン。

ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督の作品であり、事前の世評は結構高かったのでは、と思う。
ただ非常に激しい性愛表現(久しぶりに「ぼかし」を見た!)のため、そちらの方面だけが注目されるのは残念ではあるが。
あの性愛シーンが非常に重要か、と言われると、そうとは断言できないような気もするが、
しかし、
通常の作品であれば、愛を重ねていく過程で、
何度も背景や照明を変えて抱き合うシーンを流していくことで、「二人の中がより深まった」
ことを表現するのに対し、
短い期間に、短い逢瀬をし、激しく愛し合った。互いの孤独と苦しみを忘れるために。
の解釈でOKであるなら、そりゃ激しいシーンが必要だろう、と言った感じか。

最後、イーの愛情にほだされたワンが、組織を裏切るのだが、その前に重要なシーンがある。
ワンは物語を通じ、脚本家クァンに思慕を寄せているのだが、「あれのやり方」の先生も別の男性同志、そしてイーに抱かれている日々であり、その思慕を形には表せない。
しかしクァンも彼女に愛情は持っているので、最後、暗殺決行の前の打ち合わせの時、ついワンに口づけをしてしまう。
そのクァンにワン「どうして、三年前に(口付けを)してくれなかったの」

彼らの愛はこの世では成就しない。この世で成就しないのは互いにわかっている。
しかし互いに愛し合っている。願わくば、死後の世界で成就しようーいわば、第二次世界大戦を舞台にした、長恨歌なのである。

 在天願作比翼鳥 在地願為連理枝
(天にあっては願わくは比翼の鳥となり、地にあっては願わくは連理の枝となりましょう)

ブロークバック・マウンテンにしても、ラスト、コーションにしても、この世では成就しない愛の物語である。
ブロークバック・マウンテンは愛する人が殺され、ラスト、コーションでは共に死んでいく。
彼女は、組織や大義の面からは「失敗者」の烙印を押されるだろう。
しかし、成就しない愛を持ち続け、まるで死後の世界で成就すべく、刑場でクァンに微笑むワンに、人は涙するのかもしれない。
[PR]
by rshingen | 2008-05-07 00:53 | その他全般