ブログトップ

R.Shingen's Blog

タグ:読書 ( 4 ) タグの人気記事

人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話(4)

c0025498_23561434.jpg


#写真は題とは関係なく、神戸ポートタワーから見た神戸市内。Canon EOS 40Dで撮影。

以下、特に断りのない限り、引用は「人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話」から行っている。

トレブリンカの生き残りのチェコ系ユダヤ人、リヒャルト・グラツァールの言葉。

「生への渇望が生き残るための重要な要素だったとすれば」とリヒャルト・グラツァールは言った。
「それは単なる感情というより本能的な行動だったとも言える。それは、ほどんど無意識的な行動だった。
それにプラスして、人との関係ー友情ーがあった。もちろん、単独行動を好む人もいた。
とにかく、大切なのは自分自身だけで、ほかの連中はどうなってもいい、と割り切って生き残った人々だ。
しかし、彼らは、それでも誰かの助けがあったからこそ、生き残れたんだ。
一方では、彼と同じようにーほとんど同程度にー運命を受け容れた犠牲者がいたから、生き残れた。
そのことに対して、生き残りも罪悪感は感じている。
それは、自分が生き残るために彼らを犠牲にしたというより・・・。
むしろ、彼らのために何もしなかったという・・・。
いや、何もできなかったという感情から来ている。」


何かこの部分は、
アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界」で、著者の会田雄次が生き残ったことについて、罪悪感を感じていることに通じると思う。。
すぐに本を出せないので、記憶で書くが、
 死んだのは、ちょっとぼんやりした、割合正直な人が多かったような気がする。
 そのような人々に対して、心から恥ずかしいと思う。
という一種の「慚愧(ざんき)に堪えかねない」記述だったような覚えがある。

しかしそう語るグラツァールは、正直にも、下記の発言(最初の英語版になかったのを、ドイツ語版に、強い希望で入れたとのこと。)をしている。
ユダヤ人の移送が少なくなると、没収すべく食料もなくなり、チフスで倒れる者が続出した
ーつまり、本来の収容所の食事ではまったく足りなかった。

「気力も失せた頃ーそれは三月末頃のことだったークルト・フランツ(引用者注:親衛隊の凶暴な看守)が労務者用バラックにやってきた。
彼は顔を輝かせて、こう言った。『明日から、また移送が始まるぞ。』それで、われわれの心にどんな変化が起きたと思う?
あぁ、これでやっと飯が腹いっぱい食えるぞ、万歳!という気持ちだ。
それが事実だった。われわれはそこまで堕落していたんだ。」


死ぬのも辛いが、生き残るのも地獄。

ちなみにリヒャルト・グラツァールは、英語版Wikipediaによると、
妻の死後、プラハで窓から飛び降りて自殺している。
[PR]
by rshingen | 2009-05-10 00:07 | その他全般

人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話(3)

c0025498_0423195.jpg


#これもまたテーマとは関係なく、実家のヒマラヤユキノシタ。FinePix F31fdで撮影

以下、特に断りのない限り、引用は
人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話」から行っている。

ユダヤ人虐殺は、当のドイツ人の間ですら、犯罪行為と認識されていたのが、(戦後のインタビューとはいえ)当書に記されている。
シュタングルが彼にとって最初の絶滅収容所勤務であった、ソビボールに妻子が来たころ、たまたま同収容所勤務の親衛隊員、カール・ルードヴィヒがシュタングル夫人とあって話すくだり。

「とにかく話が長くて酒臭かったので、私はだんだん我慢できなくなりました。
でも、そのうち泣き始めたので、きっとこの人も寂しいんだろうと思って、せめて話くらい聞いてやろうと思い直しました。
すると、彼は突然言い始めたのです。『ひでぇもんだーまったくひでぇもんだ!あれがどんなにひどいか、分かりますか?』
私は彼に、いったい何がひどいの?と尋ねました。すると『何も知らないんですか?』と聞かれたので、私は『知りませんよ、何の話?』
と尋ねました。『ユダヤ人ですよ』と彼は答えました。『ユダヤ人が殺されているんです。』
『殺されている?いったいどんなふうに?』すると彼は『ガスですよ、ものすごい数の人が』と言ったんです。
それから彼は泣きながら事細かに説明してくれました。
『でも俺たちは総統の命令でやっているんだ、総統のために生贄を捧げているんだー俺たちは命令に従っているんだ。』
それから付け加えました。
『ユダヤ人たちがどんな目にあっているか想像できますか?』
それで私も耐えられなくなり、もう帰ってくれと頼みました。
私もその時は泣いていました。何も考えることができなくなって。
子供たちを家の中に入れ、その場にへたり込んで、まるで地獄の淵を見ているかのような心境になりました。
夫が、愛する人が、そんな仕事をしているなんて、何故彼がそんな仕事をする羽目になったのか?
そんな仕事に彼が耐えられるのか?」


カール・ルードヴィヒは、トレブリンカ収容所の生き残りのユダヤ人、ジョー・シェドレツキに
「今でも、また会ってみたいドイツ人もいるよ。親衛隊員だったカール・ルードヴィヒだ。彼は善人だった。
彼は私だけではなく、多くの人々に救いの手を差し伸べた。とても信じちゃもらえないだろうが。
今、どこにいるのか知らないが、彼のためなら証言してもいいよ。」

と評される人だから、とても耐えられなかったのだろう。
「証言してもいいよ。」とは「もし裁判があるなら、弁護側証人として、擁護の証言をしてもいいよ。」
だろうけど、カール・ルードヴィヒその人は、行方不明である。

この殺人作業が知られたことにより、シュタングル夫妻の間は若干ギクシャクしたものになる。
夫人がシュタングルと口を利かなかったり、絡んだりする記述も書かれている。
ギッタ・セレニーが書く以下の記述を納得させるケースではある。
 何百人もの人間、男性、女性、子供を殺害するために、ナチスは単なる肉体的な死ばかりではなく、精神的な死と社会的な死を与えた。
 それは単に、犠牲者だけではない。
 殺人を行った加害者に対しても、また、それを知っていた傍観者に対しても。
 そして、さらにーある程度までー当時考えたり感じたりすることのできたすべての人間に対して。

[PR]
by rshingen | 2009-05-09 00:50 | その他全般

人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話(2)

c0025498_0212673.jpg


#これもまたテーマとは関係なく、東京・練馬の石神井川沿いの桜。FinePix F31fdで撮影。

以下、特に断りのない限り、引用は
人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話」から行っている。

フランツ・シュタングルはオーストリア人で、もともと警察官だった。ドイツによるオーストリア併合後、赴任してきた上司と合わず、また、自分が要射殺リストにあげられているかもしれないとの不安にも駆られ、結局、ハルトハイムの安楽死センターで警備の仕事に就く。その後、オーストリアに戻って再び合わない上司と、いつ粛清されるか分からない状態で仕事をするか否かの選択となり、「戻るくらいなら」とポーランド行きを選ぶ。しかし、ポーランドのルブリンについた後行かされた、ベウジェッツで見たのはユダヤ人の大量の死体だった・・・

結局、ユダヤ人大量虐殺を「自分の手で直接でなくとも」遂行する立場にいながら、その立場から逃れなかったことについて、著者セレニーはシュタングルに質問する。
質問に関する答えは、同じ立場にあれば皆が答えそうな回答だった。

「もちろん今では、はっきりしていることですが、ナチスは強制収容所からの転属を希望した人間をすべて処分したわけではなかったー違いますか?あなたは、当時すでにそれを知っていたんじゃないですか?」
「あぁ、皆が皆殺されたわけじゃないことは知っていた。しかし、転属願いを出した連中の多くが、処刑されたり強制収容所送りになっていた。自分がどうなるかなんて、分かりっこないじゃないか。」


しかしセレニーはそれに対し、以下の自問を記している。正直だと思うし、かつ、ほとんどすべての人が明確に答えられない質問だと思う。

この言い訳はシュタングルの人生全体を貫く一つの論理ともなっていた。それは私が彼との面接を行っていたあいだ中、ずっと基本的な問いであり続けた。つまり、人間は、いったいどの時点で、他者のために自分の命を危険にさらす勇気を持つべきだという道徳的判断ができるのか?それは私にとっても、当時も今も答えられない問いとなっている。
[PR]
by rshingen | 2009-05-08 00:28 | その他全般

人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話(1)

c0025498_23574316.jpg


#写真はお題と関係なく、恵比寿ガーデンプレイスのサンジェルマンで食べた白パン(手前)とお米パン。
特にお米パンはおいしいので一押しです。FinePix F31fdで撮影

第二次世界大戦中、ナチスドイツはユダヤ人絶滅政策の一環として、ポーランド各地のゲットー(ユダヤ人居住地区)から数箇所の絶滅収容所にユダヤ人を送り込み、ガスで殺害する「ラインハルト作戦
を実施した。その収容所のうち、ソビブル絶滅収容所、トレブリンカ絶滅収容所で所長を務め、90万人以上のユダヤ人殺害の責任者だったフランツ・パウル・シュタングル大尉は、戦後シリア経由でブラジルに逃れ、家族とともに暮らしていたが、発見され西ドイツに送られ、裁判の結果、終身刑となる。「人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話
は、収監中のシュタングルに、ウィーン生まれで現在は英国在中の女性ジャーナリスト、ギッタ・セレニーが70時間にわたってインタビューしたものを中心に、収容所の生き残り(被収容者のユダヤ人、加害者のドイツ人、ローマ・カトリック教会の関係者へのインタビューを加えて構成したものである。

ちょっと前だが、芝健介「ホロコースト―ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌」(中公新書)
で「人間の暗闇」が紹介されていて、興味を持ったので購入した。お値段4410円。結構な値段である。
しかし、この手の本は、いかんせんそう売れるわけでなく、一度絶版になってしまうと、手に入れるのが非常に難しくなるので、エイヤっと買ってしまった。
読んでみると・・・もともとナチスドイツやホロコーストには興味を持っていたので、夢中になって読み進めたが、その感想を一言で言うのは難しい。
ただ、上記リンク先(Amazon)でスッポン太郎氏がコメントしているように、
「自分自身ならば、どうしたか」を考えさせ続けられるのは確かだ。

興味の理由としては、

(1)シュタングルの子供のころからの話が出ていて、収容所長としてのシュタングルというより、フランツ・パウル・シュタングルその人を調べていくインタビューであること

(2)単なる断罪を行っていない。セレニーの分析や気持ちの変化も記されている。

(3)本人以外の人のインタビューにより、T4作戦、ラインハルト作戦、ホロコーストに対する連合国やヴァチカン法王庁の態度、戦後の脱出の様子が描かれている。
また、シュタングル夫人とのインタビュー(シュタングル死後)がかなり書かれているのも大きい。
セレニーが女性である(から、夫人から話を引き出しやすい)ことも大きいが、やはり彼女のインタビューおよび構成能力が優れているのだろうと思う。
(このテーマ続く)
[PR]
by rshingen | 2009-05-07 00:06 | その他全般

ラッタッタ信玄のなんちゃってBlog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30