ブログトップ

R.Shingen's Blog

タグ:TAMRON ( 7 ) タグの人気記事

ニューヨークに戻り、チャイナ・タウン、メトロポリタン歌劇場

Nikon D50
TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF](Model A13)
F13 1/125sec ISO200 11mm(35mm銀塩換算16mm)

c0025498_1482317.jpg


(2005年11月のニューヨーク・フロリダ旅行の話です。)
マイアミを堪能?した後、再びニューヨークへ。ラガーディア空港からバスと地下鉄で中華街(チャイナ・タウン)へ行き、無愛想な店員(反日主義者?)のいる飲茶の店で昼食。その後友人の家に行き、飯をどこで食べたかすでに忘れてしまったが、夜にメトロポリタン歌劇場に繰り出し、オペラ「アイーダ」を観覧。事前にパヴァロッティ出演のDVDも購入して予習もしたが・・・ちょっと単調だなぁ。有名な行進曲の箇所をのぞくと。
写真はチャイナ・タウンで、Photoshop Elementsで自動補正後、私の署名を入れてある。
[PR]
by rshingen | 2006-07-17 14:13 | 旅行

チェリー・ブラッサム

*istDS DA 18-55mmF3.5-5.6AL
F11 1/320sec IS200 38mm(35mm銀塩換算57mm)

c0025498_153019.jpg



*istDS DA 18-55mmF3.5-5.6AL
F11 1/200sec IS200 26mm(35mm銀塩換算39mm)
c0025498_153018100.jpg


近所の桜並木。下の写真の右側はイチョウ並木。
この時期、インターネットのどのページでも桜だらけで、私どころか、見ている皆さんも桜食傷気味かと思うが、一方で、やはり美しいものは記録にとどめたいと思う・・・。
ちなみにホワイトバランスは太陽光固定のせいか、本物より若干ピンクがかっている?
後、現像ソフトのSilkyPixでシャープネスを高めていないせいか、若干(シャープネスの観点から)眠い画像のように思える。
ここにもNikon50とTAMRON 11-18mmも持って行って撮影しているが、やはり超広角は難しいのであった。なので、今回は掲載をパス。
[PR]
by rshingen | 2006-04-02 15:41 | デジタルカメラ

青い空、青いビル、そして桜

Nikon D50
TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF](Model A13)
F11 1/320sec ISO200 18mm(35mm銀塩換算27mm)

c0025498_2235327.jpg


超広角レンズは難しい。
おなじ撮影位置で、11mmのも撮影しているが、やはりいろいろなものが「入りすぎて」しまい、散漫な感じの画になってしまったので、18mmのを載せている。
写真家の田中希実男氏は、写そうと思っている位置より、もう一歩前に出ろ、と書いていたが、ここでそれをやっても効果があったかどうか。
単にここの被写体だけの問題なのか。マイアミの写真(そのうち載せると思う)ではうまくいっていると思うので。
[PR]
by rshingen | 2006-03-30 22:39 | デジタルカメラ

桜を撮りて思ふもの

*istDS TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL[IF] MACRO Model A061
F8 1/640sec ISO200 Ev+0.0 63mm(35mm銀塩換算94mm)

c0025498_0413813.jpg


昨年とったのと同じ場所で撮影。
まだ桜は散っていないが、若干アンニュイな気分ー昨年から1年たって、どれくらい自分は進歩したのだろう、成長したのだろう、と。
[PR]
by rshingen | 2006-03-28 00:49 | デジタルカメラ

枝垂れ桜

*istDS TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL[IF] MACRO Model A061
F9.0 ISO400 1/250sec EV+0.3 115mm(35mm銀塩換算172mm)

c0025498_0215578.jpg


近所の公園で撮影。
火曜日と水曜日は雨になりそうだし、ソメイヨシノは満開になっていないしで、枝垂れ桜を撮影しました。(一応、夜はソメイヨシノ撮影をマニュアルフォーカス(オートフォーカスだと、ピントすらつかんでくれないので)プラス、バルブモードで、三脚持参で強行しましたが。)
ソメイヨシノと比べると、いかに花の色がピンクであることよ。

それにしても近所だけでも相当の花の被写体があり、春はそれだけでもいいな、と感じる。もちろん、暖かくなってくるのもいいのだけど。
[PR]
by rshingen | 2006-03-27 00:30 | デジタルカメラ

Nikon D50とTAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II

*istDS DA 18mm-55mm
F7.1 1/20sec ISO800 EV-1.3
c0025498_2256874.jpg


(2005年11月の話です。)
2005年10月下旬に、ペンタックスより超広角ズームDA12-24mmF4 ED AL[IF]が発売された。当初は「レンズ沼にはまるから・・・」と買う気がなかったのだが、11月上旬に、友人M(ニューヨークで文字通り「一人で」住み、「一人で」仕事をしている)のホームシック予防?にニューヨーク再訪の予定が立った頃から、俄然欲しくなってきた。

しかし、どんなに安いところでも実売価格72000円弱。「この焦点距離のレンズをバリバリ使うわけでもないのに、この値段は高いな・・・」と思い(あくまでの性能の優劣は関係なし。純粋に7万超のお金がひとつのレンズに消えるのが問題だった。)、悩んでいたある日、マップカメラでNikon D50のボディが64800円なのを見つけた。当時、すでにNikonはD50購入者に1万円キャッシュバック・キャンペーンを行っていたから、実質54800円。『これは一眼デジとしては安い!(2005年11月時点)』と感じ、かつ、TAMRONのレンズは、ここでもコストパフォーマンスはよいとの評価をしていた上に、49800円という価格だったので、悪に魅入られたがごとく、ふらふらと買ってしまった(苦笑)

トータルでは10万円を超えるから、DA 12-24mmを買うより余計な出費があるのだが、サードパーティのレンズがメイン購入になりがちなびんぼー人にとっては、サードパーティがほとんどのケースで対応レンズを出してくれるのと、今まで「一眼レフカメラ」は*istDSしか使ったことがなく、他社のも勉強のため使ってみたかった。特にNikonに対する思い入れはなく、同じ値段でCanon EOS kiss Digital Nが売っていたら、そちらを買ったかもしれない。

実際にはふらふらと言うほどでもなく、マップカメラに行く前に、池袋の量販店に行って交渉した・・・と言うより交渉しようとしたら、「マップさんの価格には対応しておりません!」と年配の店員にぴしゃりと言われてしまった。こんなにはっきりシャットアウトするのも珍しい、くらいに。もしかしたら、仕入れ値からおのずと「業界標準」的な売値は決まるのに、マップカメラは何かウルトラC的な技(荒ワザ含む)を使って、仕入れ値を下げ、上記の価格(他店より1万円は安い感じだった。価格.comの最安値と同じだから、リアル店舗があるマップカメラに優位性がある)で売ってもペイできるようにしたのだろうか?量販店社員の反応は、そんな「業界のオキテ破り」的なものに対する嫌悪?

この二台のカメラで、同じレンズを使っているわけではないので、厳密な比較はできないが、感想は以下の通り。
・画質はD50の方がシャープ。SilkyPixで現像する時、*istDSではシャープネスを増やすが、D50ではそのまま。ただ、D50はモードをIIIaで使っているから、ということもあるかもしれないのと、レンズが超広角で、手ぶれに強いから、結果として、D50撮影の写真の方が、微妙な手ブレが出ないだけかもしれない。(*istDSでいつも手ぶれしているわけではないが、微妙な手ぶれはあるかもしれない)
・操作性は*istDsの方がとっつきやすい。*istDS発売当時、どのメディアも操作方法が練りこまれている、と書いていて、私は「ペンタックスと言う小メーカーに対する、『判官びいき』があるんじゃないのかな~」と思ったが、予想以上に*istDsのファンクションキーや撮影画像の拡大・縮小方法がより直感的であった。
・そのほか、RAWデータ処理はD50の方が早い、かつRAW画像が圧縮されて、1枚のメディアでより多く撮影できる(約1.3倍の枚数)点でD50に軍配が上がり、ボディサイズはやはり*istDSのほうが小さくてGood、というところか。

レンズが違うのと、D50用にAF‐S DX VR Zoom Nikkor ED 18~200mmF3.5~5.6G (IF)を買いたいのだが買えない(お金の問題と、この製品が大人気で2ヶ月待ち状態なので)ということもあり、当分は両方併用、実際にはレンズ資産が若干ながらある*istDSをメインに使っていくだろう、と思う。D50やNikonに乗り換える、ということではない。

D50での写真は、いずれ公開いたします。
[PR]
by rshingen | 2006-03-19 23:37 | デジタルカメラ

ナイアガラ

*istDS TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di
ISO200 F13 1/200sec 63mm(35mm銀塩換算94mm)
c0025498_032885.jpg


(2005年8月のニューヨーク旅行の話です。)
滞在四日目は、JetBlue(航空会社)のエアバスに搭乗して、ナイアガラに向かう。
空港はバッファロー、そこからバスでナイアガラに向かうのだが、バスの来ないこと!
結局、相当早くニューヨークを出たはずなのに、着いたのは昼。ご飯はアメリカのデニーズで食べたのだが、予想通りおまけにパンケーキはつくは、肉とポテトのハーモニーはすごいわ(?)思いっきりアメリカンだった。
で、肝心のナイアガラだが、以前訪れたことのある友人Mのアドバイスに従い、カナダに入国して、カナダ側からナイアガラを見学。もちろん、遊覧船の「霧のマーメイド号」も乗船。滝を堪能した。
今までずっと曇り空だったが、今日はうってかわって快晴。やはり晴れっていいな、と思ったのでした。

帰りは夜遅く、もちろん飛行機で帰ったのだが、離陸が2時間近く遅延しており、思わず空港内の椅子で爆睡。友人Oが起こしてくれなければ、危ないところだった・・・。

追記:とりあえずI LOVE NYにトラックバックしますが、バッファローはニューヨークと同じ、ニューヨーク州なのでご勘弁を(^^);
[PR]
by rshingen | 2006-03-15 00:18 | 旅行

ラッタッタ信玄のなんちゃってBlog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31