ブログトップ

R.Shingen's Blog

F1考

c0025498_115784.jpg


知人Q氏から昨年掲載依頼を受けた画像、
たぶん、Honda Collection Hallで撮影したウィリアムズ・ホンダFW11Bだと思うけど。
(撮影アングルによって、ぶっとい感じにも、スマートな感じにも見えるなぁ。)
ここにもあるが、ウィリアムズの第二次黄金期を築き、ホンダの欧州での知名度を上げたマシンでもある。
ちなみに、この黄金期でホンダが勝ちすぎたため、ホンダの勢いを止めるため、ターボエンジンを禁止したとの話がある。
ここにも書かれているが、果たして日本人や、日本に対する反感・偏見が主なのだろうか?
というのは、世界のプロフェッショナル・スポーツ(F1は”モーター・スポーツ”である。)は、結構レギュレーション(規則)を変えているからだ。
もちろん「変える=好調な日本を叩く」例もあるかもしれない。スキージャンプのルール改正はそう信じられているようだ。
F1に関しては言えば毎年のように変更がある。NBA(アメリカのプロバスケットボールリーグ)は、ボールの大きさが異なる等、国際ルールと結構異なっている。ボールの大きさは国際ルールより小さいのだが、これはゴール数や”ダンク”シュートを決めやすくする、つまり、エンターテインメイント側に大きく重みをおいているのだ。
NBAは極端にしても、多くのプロスポーツではどうしても興行の面から、特定チームを独走させない、無理にでも競争させる処置を、ルール改正や、ルールの適用判断で行っているような気がする。F1でいえば、”皇帝”シューマッハはかなり執拗に制裁を受けているのだ。
(この記述を参照)
たまたま日本が目立っている時にされるから、どうしても日本叩きと思われるのだろうけど・・・
[PR]
by rshingen | 2007-03-25 01:14 | その他全般

ラッタッタ信玄のなんちゃってBlog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31